2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 本当に必要な防災グッズとは?【5】 | トップページ | 本当に必要な防災グッズとは?【6】 »

2012年1月31日 (火)

世間は70%一色です(笑)

1月30日のエントリ、『マスコミの暴走に注意』にも書きましたけど、1月23日の読売新聞に掲載された、『首都圏直下型地震が4年以内に70%の確率』という報道の、『4年以内70%』という部分だけが一人歩きを始めてしまいました。なんだか向こうの思うツボみたいで悔しいのですが、とりあえず二冊買ってきてみました。
70
表紙には、お約束のように70%、7割の文字が。他の週刊誌にもずいぶんと見られましたね。

しかし東大地震研究所のその後のコメント(1/30のエントリに引用)にもある通り、額面通り受け取って良い数値では無いのですが、インパクト命のマスコミにとっては、そんなことどうでも良いのでしょう。

ところで、サンデー毎日を買ったのには理由があります。サン毎には、私が防災の師と仰ぐ、東京大学の目黒公郎教授の防災理論をベースにした特集記事が載っているからです。(念のため申し添えますが、私は東大卒ではありません・笑)

目黒教授の理論は、私の防災活動の根幹を成すと言っても過言では無く、その精神はもちろんこのブログにも反映されています。もし、もうこの記事を読まれた方がありましたら、このブログの内容との共通点がおわかりになると思います。このブログはまだ始めたばかりでエントリも少ないのですが、4年やっている本館のmixiコミュ『生き残れ。~災害に備えよう~』では、さらに色濃く反映されています。

例えば、私がここのエントリ『本当に必要な防災グッズとは?』で挙げた、まず何よりバールとジャッキを備えよ、というのは、阪神・淡路大震災の惨状を徹底的に研究された、目黒教授が提唱されていることなのです。

目黒教授の防災理論こそが災害から「生き残る」ための最短距離だと信じ、納得できるからこそ、私も全面的に賛同し、採りいれているわけです。1月31日発売のサンデー毎日を手に取られることがありましたら、是非お読みいただければと思います。

さておき、首都圏直下型が4年のうちに70%だろうと30年のうちに98%だろうと、それは数字上の問題でしか無いと考えましょう。とにかく、「いつ来てもおかしくない」のです。それは1分後かもしれないし、10年後かもしれません。こんな記事が出ると誰もが不安になりますが、そんな不安を和らげる最高の方法は、“その時”何が起こるかを正確に知り、それに見合った知識と備えを進めることなのです。

このブログでも、できるかぎりお手伝いして行きたいと思います。また、mixiメンバーの方は、本館の過去ログも是非ご覧ください。他のコミュとはかなり違い、必要な情報を体系的にお読みいただけるようになっています。

にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村


自然災害 ブログランキングへ
↑ おかげさまで1/31現在、自然災害系ランキング暫定第一位になりました。ご愛読感謝します。

« 本当に必要な防災グッズとは?【5】 | トップページ | 本当に必要な防災グッズとは?【6】 »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世間は70%一色です(笑):

« 本当に必要な防災グッズとは?【5】 | トップページ | 本当に必要な防災グッズとは?【6】 »