2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 地震雲ってなに?【3】 | トップページ | 「地震雲」多発!(笑) »

2012年1月19日 (木)

地震雲ってなに?【4】

今回は、「地震雲」だと言われることが非常に多い、放射状の雲について、その正体を明かしましょう。最初から結論を述べさせていただきますと、『放射状の雲というものは、存在しない』 のです。

以上…では話になりませんので(笑)、解説します。でも本題に行く前にまず、この画像をご覧ください。
Photo_2

これは「反薄明光線」という現象です。これは、地平線近くにまで沈んだ夕陽や、地平線から上り始めた朝日の光が、観測者との間にある雲に部分的に遮られて起こる現象です。

これもいつの間にか地震の前兆みたいに言われることがありますが、全く根拠がありません。見かけがちょっと不気味だと、みんな地震の前兆にされてしまいますね。

ところで、何故この写真を引き合いに出したかというと、次のことを思い出していただくためです。小学校の理科で習ったと思いますが、太陽と地球との距離がとても遠いために、太陽光は平行光線のはずです。その平行光線のはずの太陽光が、このように放射状に見えるのは何故でしょうか?もし太陽光が実際に放射状に拡がっているのだという方がいらっしゃいましたら、ぜひその原理を教えてください。

これは、地球よりはるかに巨大な太陽が、距離が遠いから小さく見えるのと全く同じことです。つまり、単に「見かけ上」で放射状に見えているだけなのはおわかりいただけるでしょう。

さて、というわけで本題の「放射状の雲」といわれるものをご覧ください。
Photo_3

これが本当に放射状に発生している雲だと思われる方、まだいらっしゃいますか?もう説明はいりませんね。これは「大気重力波」によって発生した、ほぼ平行した筋状の雲が、見かけ上で放射状に見えているだけです。観測者が雲の筋の延長線上にいれば、このように見えるというわけです。

それでもまだ半信半疑の方もいらっしゃると思いますので、次回は「放射状の雲」など存在しないということを、完全に証明したいと思います。


■このシリーズは、カテゴリー【エセ科学・オカルト排除】をクリックしていただくと、まとめてご覧いただけます。

【つづく】

« 地震雲ってなに?【3】 | トップページ | 「地震雲」多発!(笑) »

エセ科学・オカルト排除」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543100/53769522

この記事へのトラックバック一覧です: 地震雲ってなに?【4】:

« 地震雲ってなに?【3】 | トップページ | 「地震雲」多発!(笑) »