2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 「地震雲」多発!(笑) | トップページ | 地震雲ってなに?【6】 »

2012年1月19日 (木)

地震雲ってなに?【5】

さて、今回は「放射状の雲」というものは存在しない、という事を証明します。でも、何も気象や科学の知識などは全く必要ありません。必要なのは、ちょっとした手間と注意力だけです。そんな証明方法も、ネット時代だからこそ手軽に出来るものなのですが、皮肉なことに、「地震雲」信奉者が一所懸命写真投稿をすればするほど、その根幹が揺らいで行くことになるのですから。

前置きはさておき、証明に進みましょう。とはいえ、実は私が証明するのではありません。読者の皆様に、ちょっとだけお手間をかけていただき、皆様自らの目で確かめていただきたいのです。その方法を言う前に、もう一度「放射状の雲」とされる写真を掲載しておきましょう。
Photo
遠くから観測者に向かって、扇が開いているように見えますね。

さて、そこでやっていただくことは、ネット上で「放射状の雲」の画像を、できるだけたくさん見ていただきたいのです。検索エンジンで、『地震雲 放射状』とでも検索するだけで、大量にヒットします。さらに「地震雲」とされる画像だけでなく、あらゆる雲の画像を見てみてください。

そしてその中に、『観測者から遠ざかるにつれて、放射状に拡がる雲』の画像を探してください。つまり、観測者(撮影者)が扇の要の位置にいる画像です。

しかし、すぐにおわかりいただけるでしょうが、そんな画像は全く存在しないのです。

もし放射状の雲が本当に存在するなら、なぜ全てが『観測者(撮影者)に向かって拡がってくる雲』ばかりなのでしょうか。何故その逆、『観測者(撮影者)から遠ざかるにつれて、拡がる雲』の画像がないのでしょうか。

ついでに言えば、もし「放射状の雲」が存在し、観測者がその放射点(扇の要)近くにいたら、遠ざかるにつれて拡がる雲は、遠近法によって、並行する雲のように見えるでしょう。

とにかくそのような画像が、ネット上の膨大な画像群にさえ存在しないことは、何を意味しているか言うまでもありませんね。

様々なブログやサイト、中には本まで出して「放射状の雲」というものを、現実に存在するものとして“分析”されている方も少なくありませんが、全く茶番もいいところです。

なお、私は他人の趣味趣向や信条に口を出すつもりは全くありません。ただし、そのような根拠のない不良情報が「防災情報」の衣をまとって発表されることは許し難い。防災指導の現場では、根拠の無いこのような不良情報のせいで、多くの人が無用な不安に駆られています。

そしてそれを打ち消すために、防災指導をする人間は、余計な労力を使わされています。少なくとも、私は「趣味」でこんな話を否定している訳ではありません。


次回からは、「地震雲」の本命、「竜巻状の雲」について検証します。

■このシリーズは、カテゴリー【エセ科学・オカルト排除】をクリックしていただくと、まとめてご覧いただけます。

【つづく】

« 「地震雲」多発!(笑) | トップページ | 地震雲ってなに?【6】 »

エセ科学・オカルト排除」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543100/53775361

この記事へのトラックバック一覧です: 地震雲ってなに?【5】:

« 「地震雲」多発!(笑) | トップページ | 地震雲ってなに?【6】 »