2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 地震雲ってなに?【5】 | トップページ | 地震雲ってなに?【7】 »

2012年1月23日 (月)

地震雲ってなに?【6】

ここまで、「地震雲」の特徴だと言われる、「動かない雲」、「縞状の雲」、「放射状の雲」について解説して来ました。これだけでも、巷で言われる「地震雲」の存在が、いかにだいぶ怪しくなって来たのでは無いかと思います(笑)続きまして、「地震雲」の“本命”とも言える、竜巻状に「垂直に立った雲」について解説します。

まず最初に、阪神・淡路大震災前日に撮影された、「竜巻状の地震雲」とされる雲の画像を再掲します。
Kobe_tatumaki
次の画像は、管理人てば自身が撮影した写真を掲載します。ちょっと古くて申し訳無いのですが、これは2005年11月23日午後4時ごろ、暮れなずむ羽田空港の出発ロビーから撮影したものです。ガラス越しなので、室内照明の写り込みがあります。
Photo_3
両方ともいい感じで「直立」してますね(笑)

では、次に、私が羽田で同時に撮影した、もっと引いた写真を掲載します。
Photo_2
だいぶ見え方が違って来ませんか?でも、真ん中の断片的な雲は、それでも垂直に立っているようにも見えますね。

羽田の写真を解説しましょう。ここに写っている雲は、すべて羽田空港上空を、高度1万メートル前後の高高度で通過するジェット機の飛行機雲です。日本の上空には、日本国内に着陸せずに高空を通過する路線の航空路がいくつもあり、羽田空港上空も通っています。

何本かの飛行機雲が放射状になっているように見えますが、これは「放射状の雲」のところで解説した通り、観測者からの距離による見かけ上のものであり、実際には平行している飛行機雲です。もし同方向への航空路がこんな風に放射状になっていたら、その集約点で空中衝突してしまいますね(笑)

そしてもちろん、これらの飛行機雲は『地面と平行に飛ぶ飛行機による、地面と平行に発生した雲』であることに疑いはありません。ではなぜ、このように垂直に立っているように見えるのでしょうか。

にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
↑いろいろな災害系ブログが見られます。ホント、いろいろあるものです(笑)

■このシリーズは、カテゴリー【エセ科学・オカルト排除】をクリックしていただくと、まとめてご覧いただけます。

【つづく】

« 地震雲ってなに?【5】 | トップページ | 地震雲ってなに?【7】 »

エセ科学・オカルト排除」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543100/53801738

この記事へのトラックバック一覧です: 地震雲ってなに?【6】:

« 地震雲ってなに?【5】 | トップページ | 地震雲ってなに?【7】 »