2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 首都圏直下型地震を生き残れ!【18】☆旅行編 | トップページ | 首都圏直下型地震を生き残れ!【20】☆旅行編 »

2012年5月29日 (火)

地震関連情報【5/29千葉県北西部地震について】

5月29日午前1時36分ごろ、千葉県北西部、深さ80kmを震源とするマグニチュード5.2の地震が発生し、東京都内などで最大震度4を記録しました。

この地震は、震源深さ80kmということから、太平洋プレートのスラブ(岩盤)内で発生した、逆断層型の「スラブ内地震」だと考えられます。下図をご覧ください。
Mini
これは南関東の地下の状態を現した模式図ですが、今回の震源は、図中の5番の深さで発生しました。これは、ユーラシアプレートとフィリピン海プレートの下に西側(太平洋側)から潜り込む太平洋プレートの動きが東日本大震災の影響で加速したためにプレート岩盤が圧縮され、岩盤内で逆断層型の破壊が起き、地震となったものです。スラブ内地震の模式図を再度掲載しておきます。下図中の3番のタイプです。
Photo_2


当カテゴリの前記事でもニュースを引用しましたが、東日本大震災後、太平洋プレートが陸側プレートの下に潜り込む速度が震災前の1.5倍、2003年当時に比べると3倍にまで加速していることが実測されていますので、その動きと密接な関連があることは間違いありません。したがって、太平洋プレートの速い動きが続いている以上、同様の地震が、特に東日本を中心にどこで起きてもおかしくない状況です。現実に、宮城県太平洋岸の海底と内陸を中心に、昨年の秋くらいからこのタイプの地震が日常的に発生するようになっています。

この太平洋プレートの速い動きは、今回の地震のように太平洋プレート自体の内部での圧縮破壊を引き起こす他、接触しているユーラシアプレートやフィリピン海プレートとの間に複雑な影響を及ぼし、ひずみエネルギーの蓄積も加速しています。つまり南関東において、最初に掲載した図の1番から5番まで、あらゆる地震の可能性を押し上げていることは間違いありません。

なお、1番は10km以下の浅い場所で起きる「内陸直下型地震」、2番はユーラシアプレートとフィリピン海プレートの境界で起きる、海溝型ではない「プレート境界型地震」で、首都圏に震度7をもたらすとされているのが、ここで発生する地震です。3番はフィリピン海プレート内で発生する「スラブ内地震」、4番は太平洋プレートとフィリピン海プレートの境界で発生する、2番と同様の海溝型ではない「プレート境界型地震」で、千葉県沖の深さ50~60km程度で発生する地震は、このタイプと思われます。そして5番が、今回発生した太平洋プレート内の「スラブ内地震」です。

これら南関東で起き得るあらゆる地震の可能性が、確実に高まっています。待ったなしと言っても良いかもしれません。「天は、自ら助くる者を助く」という言葉がありますがまさにその通り、少なくともオカルトや神頼みだけでは生き残る可能性は大きくできません。できる備えをできるだけ、これはもちろん物質面、行動面、精神面すべてにわたって備えることが大前提であり、そこに少しの幸運がもたらされれば、厳しい状況からもきっと生き残れると、管理人は信じています。

言い古された言葉ですが、その過ちがイヤというほど繰り返されてきた言葉を最後に。

「起きてからでは遅い」


■このシリーズは、カテゴリ【地震関連】をクリックしていただくと、まとめてご覧いただけます。

■■当ブログがお役にたてましたら、下の各ランキングタグへご支援のクリックをよろしくお願いいたします。クリックしていただくと、各ランキングページにジャンプすると同時に、ランキングポイントがつきます。

↓ 5/29現在、「にほんブログ村」地震・災害系ブログ第3位です。クリックご支援よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ

↓ 5/29現在、「人気ブログランキング」自然災害系ブログ第2位です。あと一歩で1位返り咲きです。クリックご支援よろしくお願いします。

« 首都圏直下型地震を生き残れ!【18】☆旅行編 | トップページ | 首都圏直下型地震を生き残れ!【20】☆旅行編 »

地震関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543100/54828858

この記事へのトラックバック一覧です: 地震関連情報【5/29千葉県北西部地震について】:

« 首都圏直下型地震を生き残れ!【18】☆旅行編 | トップページ | 首都圏直下型地震を生き残れ!【20】☆旅行編 »