2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 首都圏直下型地震を生き残れ!【48】☆大火災編 | トップページ | 【緊急特集】豪雨から生き残れ!【2】 »

2012年7月13日 (金)

【緊急特集】豪雨から生き残れ!【1】

7月11日から12日にかけて、熊本県を中心に豪雨災害が発生し、20人以上が死亡または行方不明になっています。亡くなられた方のご冥福と、行方不明の方が早く見つかることをお祈りしております。

この豪雨で、気象庁は大雨・洪水警報の発表に際して「過去に経験したことのないような大雨」という表現を使いました。これは、よりわかりやすい表現で強い警戒を促すという、新たな制度が初めて適用されたものです。

そして文字通り「過去に経験したことのない大雨」が実際に降りました。今回の被災地域は、1990年にも豪雨災害を受けていますが、地元の方の表現では、今回はその時をはるかに超える雨量だということです。

当ブログでも何度も指摘していますが、近年は全地球的な気候変動の影響で、「過去に例のない」気象状況になることが普通になっています。ですから、「過去に災害が無かったから、これからも無い」という発想は、全く通用しません。ましてや過去に災害が起きている場所は、さらに危険度が増しているのは言うまでもありません。

災害が起きる場所は、そこに「災害が起きる条件」が存在していて、それが取り除かれない限り、真っ先に危険になるという当たり前のことを、改めて認識しなければなりません。

豪雨災害の場合、命に関わる状況が発生するのは、洪水、土砂崩れ、地滑り、土石流です。これらに共通することは、一旦大規模に発生してしまったら、安全圏に脱出する時間は、既にほとんど残されていないということです。しかしその一方で、事前に避難する時間は十分にあります。ならばやるべきことはただひとつ。早めの「見込み避難」です。

そこで大切なことは、「9割以上は無駄足」を当然と思う意識です。ぎりぎりまで様子を見て、災害の発生をピンポイントで察知し、一発勝負で避難が成功するなら良いのですが、そんなことは誰にもできません。

仮にそれが成功しても、気象災害の場合、その時点では豪雨、暴風のまっただ中ですし、自分の居場所がまだ大丈夫でも、避難すべき道路が寸断しているかもしれません。特に危険度が大きな山間部ほど、道路が一本切れたら進退窮まる状況になりやすいのです。

誰もが、家を離れたくありません。でも、離れなくては生き残れない「かもしれない」。その「かもしれない」をどれだけ重く考えられるかです。そして、この先ますます「かもしれない」の確率が上がって行くことは疑いありません。意識の改革が必要です。

今回の被害状況を見るまでもなく、気象災害から「生き残る」ために必要なことは、早めの避難しかありません。そのために、自分の居場所の危険要素を正しく認識し、十分な安全マージンを取って行動をしなければなりません。

行政やメディアは「十分な警戒をしてください」としか言いませんが、上記のような早目の避難こそが、「生き残る」ために唯一できる「十分な警戒」なのです。避難勧告や避難指示が出るのは、状況がかなり厳しくなってからです。その時、外は既に大荒れです。子供やお年寄りが、それから避難するだけでも十分に危険すぎる状況です。そしてその状況が、さらに家を出ることをためらわせるという悪循環に陥ります。

大荒れの中を避難するためには、傘をさして、荷物を小脇に抱えてというわけには行きません。カッパなどの雨具と、当面の食品や着替えを用意しなければなりません。それはもちろん、地震用の非常持ち出しと共用できます。豪雨が多い地域では、むしろ気象災害対応優先の備蓄内容にしておくべきです。少なくとも、しっかりとしたセパレート型のカッパに、ゴム長靴は必須でしょう。そして、折りたたみスコップなどです。何に使うかは、あまり考えたくありませんが。

ところで、一部に災害避難時にゴム長靴は厳禁、などという「トリビア」もあるようです。中に水が入ったり、泥地にはまる脱げやすく、靴を失うことがあるというのがその理由のようで、そんな時にも脱げない「ひもで締められる靴」でなければならないとか。つまり、下画像のような靴ということでしょう。
Annex_009
これは管理人の私物ですが、こんなもの普通は持っていませんよね(笑)まあ、登山靴やハイカットのキャラバンシューズでも良いのですが。ローカットのスニーカーなどでは、多少きつくひもを締めても、結果は大して変わりません。

そんな「机上の空論」で足をずぶぬれにするより、管理人は機能を優先しますけどね。皆様はいかがでしょう。でも心配ならば、簡単にできる対策はあります。過去記事をご覧ください。
■(過去記事)家に備える防災グッズ【11】はこちらから

次回も、豪雨災害について考えます。


■このシリーズは、カテゴリ【気象災害】をクリックしていただくと、まとめてご覧いただけます。

■■当ブログがお役にたてましたら、下の各ランキングタグへご支援のクリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ

« 首都圏直下型地震を生き残れ!【48】☆大火災編 | トップページ | 【緊急特集】豪雨から生き残れ!【2】 »

気象災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543100/55188389

この記事へのトラックバック一覧です: 【緊急特集】豪雨から生き残れ!【1】:

« 首都圏直下型地震を生き残れ!【48】☆大火災編 | トップページ | 【緊急特集】豪雨から生き残れ!【2】 »