2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 宏観現象による地震警戒情報【8/3続報】 | トップページ | 自然災害より危険な現実 »

2012年8月 4日 (土)

宏観現象による地震警戒情報【8/4 第三報】

8月3日の茨城県南部を震源とする、震度4の地震に関連すると思われる宏観現象の続報が入りましたので、お知らせいたします。

8月4日未明の段階で、井戸水の沈殿物、浮遊物が引き続き確認されています。

8月4日午前0時18分ごろ、今回の地震の余震と思われるマグニチュード3.0、最大震度1の地震がほぼ同一震源で発生した後は、この震源では地震は発生していません。

しかし、井戸水の濁りが収まっていないことから、この震源域において、近いうちにさらに地震が発生する可能性があります。ここで「近いうち」と言うのは、経験的には7日間程度の間にということですが、今回は大きめの地震が発生した直後ですので、さらに短いスパンであることも考えられます。

ただ、かなり大きめの地震の前に観測されることが多い、井戸水内への砂(粘土粒子より大粒)の混入は4日未明の段階では確認されていません。この事象と経験則からだけ判断すれば、それほど大きな地震にはならないという見方もできます。しかし、それほどの精度がある現象とは確認されていませんし、当然ながら地震自体が起きない可能性もあります。

現状としては、何も情報が無い状態よりは、近日中の地震発生の可能性が高まっている、しかし規模については不明というくらいの感覚で、引き続き警戒をしてください。前兆現象の有無に関わらず、茨城県南部の震源域は、非常に活発な震源域のひとつなのです。

さらに言うまでもなく、他の震源域での地震が発生する可能性も常にありますので、決してこの現象や震源域のみに注意を払うようなことの無きようにお願いします。


今回の地震についての記事はおそらくこれが最後になると思われますので、ひとつお断りさせていただきます。
今回お知らせした井戸の現象は、管理人自身が確認できるものではなく、あくまで協力者の方からの情報提供に拠っています。したがって、諸々の事情で常に最新の状況が把握できるものではありません。

何も情報が無くても、必ずしも何も起きていないということではありませんので、その点は誤解の無きようにお願いします。管理人としては、できるだけ有用な情報はお知らせして行く所存ですが、情報が後手に回る可能性もあるということはご理解ください。


■このシリーズは、カテゴリ【地震関連】をクリックしていただくと、まとめてご覧いただけます。

■■当ブログがお役にたてましたら、下の各ランキングタグへご支援のクリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ

« 宏観現象による地震警戒情報【8/3続報】 | トップページ | 自然災害より危険な現実 »

地震関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543100/55350986

この記事へのトラックバック一覧です: 宏観現象による地震警戒情報【8/4 第三報】:

« 宏観現象による地震警戒情報【8/3続報】 | トップページ | 自然災害より危険な現実 »