2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 続・フィールドワークに勝るものなし【対災害アクションマニュアル 07】 | トップページ | 酔う前にちょっとだけ・・・ »

2012年9月25日 (火)

【やっぱり起きた】宏観現象による地震警戒情報【9/25検証】

当ブログの記事としては5回目となる今回の警戒情報は、9月20日にアップしました。
■9/20の記事はこちらから

そして、それから5日目の本日9月25日、完全に予想通りの地震が発生しました。あまりに出来すぎのようですが、これは紛れも無い事実です。既に、偶然の要素が入り込む余地は、あまりありません。千葉県北部の井戸に現れる変化と、近隣での地震の発生は、確実に関係していると断言して良いでしょう。

該当すると思われる地震は、9月25日午前1時12分頃、茨城県南部、震源深さ50kmで発生したマグニチュード3.5の地震で、千葉県坂東市などで最大震度2を記録したものです。

では、今回の比較検証を行います。■は9/20時点での予想内容、□は実際に起きた内容です。

【予想発生日時】
■9/20から7日間程度の間
□9/25 (予想から5日目)

【予想発生場所】
■茨城県南部または千葉県北東部及びその周辺部
□茨城県南部

【予想震源深さ】
■40kmより深い
□50km

【予想規模】
前4回の予想では、大まかな地上の震度を予想するだけでしたが、今回は管理人独自の仮説に基づき、少し詳細に予想しました。
■マグニチュード3から5未満程度の比較的小規模で、地上の震度は震度1~3程度。仮に震源深さ40kmだとすれば、最大震度3程度
□マグニチュード3.5 最大震度2
※今回の地震は震源深さ50kmでしたので、もし仮に深さ40kmで発生していたら、地上では震度3程度になっていたと思われます。

このように、完全に予想内容と合致するものです。さらに特筆すべきことは、当ブログで予想を始めて以降、井戸の変化が出ていないときには、茨城県南部及び千葉県北東部での地震は、大きめの地震の余震と思われるものと、9/20の記事にも書いた、9/19の茨城県南部、震度1を除いて、全く発生していないという事実です。

これはもはや偶然とは言えません。

なお、今回の管理人の仮説と地震の規模との関係ですが、そこのみに偶然の要素が絡む可能性があります。つまり、少ないサンプル数から多少強引に仮説を立てたので、今回の合致のみで仮説が正しいと判断するのは早計です。今後引き続きデータを収集して、補強して行きたいと思います。

そのような理由ですので、現時点では「どのような変化だと小さめの地震になるのか」というパターンについては発表しません。まだ、仮説を一人歩きさせるわけには行きませんので。でも少しだけ明らかにしますと、井戸水の匂い、浮遊物、沈殿物のバランスと地震の規模の間に、ある一定のパターンがあるのではないかと、管理人は考えております。

これからも慎重に検証し、できるだけお知らせして参ります。

■このシリーズは、カテゴリ【地震関連】をクリックしていただくと、まとめてご覧いただけます。

■■当ブログがお役にたてましたら、下の各ランキングタグへご支援のクリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ


« 続・フィールドワークに勝るものなし【対災害アクションマニュアル 07】 | トップページ | 酔う前にちょっとだけ・・・ »

地震関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543100/55744674

この記事へのトラックバック一覧です: 【やっぱり起きた】宏観現象による地震警戒情報【9/25検証】:

« 続・フィールドワークに勝るものなし【対災害アクションマニュアル 07】 | トップページ | 酔う前にちょっとだけ・・・ »