2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« お笑いと怒りの「防災の日」 | トップページ | お薦め書籍のごあんない »

2012年9月 1日 (土)

宏観現象による地震警戒情報【9/1】

千葉県北部の、協力者様宅の井戸に変化が出ました。

数日前から出ていた水の匂いが急に強くなり、炭を焦がすような、過去に例の無い匂いになっているとのことです。このため、地震警戒情報をアップします。

なお、今回は通常の場合と様子が異なり、過去の経験則に当てはまらない部分がありますので、予想内容をあまり絞り込まず、下記の通りとします。

■予想発生場所
茨城県南部および千葉県北部とその周辺
■予想発生時期
本日から7日間程度の間
■予想震源深さ
予想せず
■予想規模
予想せず

もちろん、上記予想以外となる可能性や、該当する地震が起こらない可能性もあります。しかし、今回の変化自体は比較的大きなもののようですので、当面の間、警戒をしてください。

続報等がありましたら、お知らせします。

■このシリーズは、カテゴリ【地震関連】をクリックしていただくと、まとめてご覧いただけます。

■■当ブログがお役にたてましたら、下の各ランキングタグへご支援のクリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ

« お笑いと怒りの「防災の日」 | トップページ | お薦め書籍のごあんない »

地震関連」カテゴリの記事

コメント

ブログ見させていただきました。
記事に関連するコメントでなくて大変恐縮なのですが・・・。
ブログを見させていただいて、いろいろなパターンをシュミレーションしてみることが大切だと感じました。もし今地震があったらどうするだろう・・・。
場所、潮位、天候、時間などによって変わってくるんだということに気づかされました。
これからも更新大変だと思いますが、読ませていただきますのでよろしくお願いします。

>seedoekseedoekさん

コメントありがとうございます。いえいえ、どんなご意見でも歓迎です。ご自由にどうぞ。

大地震の場合、まずは「最初の1分」を生き残れば、想定されるかなりの部分の危険を回避できるはずだと思います。そしてそのためには、さらに「最初の10秒」の行動が大切になって来るわけです。

そこで、正しく最も効果的な行動ができるかどうかが、「生き残る」ための分かれ道になることが多いのです。そのためには、おっしゃる通り普段の居場所でどこでも「今大地震が起きたらどうするか」を頭の中でシミュレーションし、それを習慣にしておくのが、一番効果的だと思います。

例えば同じ電車内でも、出勤途中と帰宅途中では、危険の種類が少し違って来たりもします。そのような条件の違いを常に念頭に置いた上で「その時どうするか」を考えていれば、何も考えていない人よりはるかに効果的な行動ができるはずです。

防災グッズとか、水や食料の重要性はその次なんですね。まず「最初の1分」を生き残らなければ、何の役にも立ちません。今後も、そのようなコンセプトを基本に、記事をお送りします。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。ぜひ、またコメントくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543100/55554280

この記事へのトラックバック一覧です: 宏観現象による地震警戒情報【9/1】:

« お笑いと怒りの「防災の日」 | トップページ | お薦め書籍のごあんない »