2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 【やはり茨城】臨時地震警戒情報【10/24】 | トップページ | 【こんどは宮城】臨時地震警戒情報【10/25】 »

2012年10月25日 (木)

【南三陸町防災対策庁舎から】宮城・震災から1年8ヶ月【3】

宮城県の南三陸町を訪ねた管理人は、次に市街地のほぼ中央にある町役場跡へ向かいました。そこには、今震災の象徴的な場所のひとつとなってしまった、あの防災対策庁舎があります。

そこで起こった出来事については、特に触れません。なぜなら自らの職務を全うするために、他を救うために人知れず生命を賭した人々は、全被災地にたくさん存在するからです。安易にドラマにしてしまうと、その本質を見失うことにもなりかねません。

ですから管理人は、あくまで津波の規模と威力を自分なりに検証する目的で、防災対策庁舎を訪れました。しかし言うまでも無く、犠牲者に対する敬意と哀悼の念は忘れておりません。

まず、周囲の状況と防災対策庁舎の位置関係を把握していただけるYoutube動画をご覧ください。3分24秒です。
■Youtube動画へはこちらから

防災対策庁舎は、周囲に何も無くなってしまった中に、ぽつんと残されています。正面には祭壇がしつらえられ、たくさんの供物が供えられています。
Photo
Photo_3

津波に襲われる前は、こんな建物でした(資料画像)
06

まずここで感じたのは、建物の規模に対して鉄骨が非常に太いということ。鉄筋コンクリート造りの建物より太いでしょう。建物をすべて呑み込んだ津波と瓦礫の衝突に対しても、基本骨格はまったく損傷していません。瓦礫の衝突によるへこみさえ、ほとんど見られないのです。

外壁は軽量のコンクリートパネルだったようですが、基本骨格には損傷を与えずに、すべて「きれいに」剥ぎ取られています。パネルを支持していた骨格は中空の軽量鉄骨であり、津波を受けて飴のようにねじ曲げられています。

このことから、この防災対策庁舎は、その目的からまず震度7でも倒壊しない耐震強度を与えられ、さらに津波を受けたら外壁が外れ、水流が抜けやすくすることで抵抗を減らして、基本骨格を守る構造になっていたものと思われます。

そして3階建てという高さは、「想定」された津波に対しては十分な高さでした。他の庁舎はみな2階建てでしたが、防災対策庁舎だけが3階建になっています。つまり、大津波を受けても防災拠点として機能する、「最後の砦」になるはずだったのです。しかし、津波は想定を上回ってしまった。

次回は、さらに詳細に見てみます。


■このシリーズは、カテゴリ【被災地関連情報】をクリックしていただくと、まとめてご覧いただけます。

■■当ブログがお役にたてましたら、下の各ランキングタグへご支援のクリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ


« 【やはり茨城】臨時地震警戒情報【10/24】 | トップページ | 【こんどは宮城】臨時地震警戒情報【10/25】 »

被災地関連情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【南三陸町防災対策庁舎から】宮城・震災から1年8ヶ月【3】:

« 【やはり茨城】臨時地震警戒情報【10/24】 | トップページ | 【こんどは宮城】臨時地震警戒情報【10/25】 »