2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 【引き続き要警戒】宏観現象による地震警戒情報他【10/17】 | トップページ | 筋を通しましょうよ【ある特定の方々へのメッセージ】 »

2012年10月18日 (木)

【新潟中越地方警戒】臨時地震警戒情報【10/18】

新潟県中越地方で、地震が続発しています。

昨10月17日午後10時48分を最初に、18日午前11時12分までの間に、震度1~4の地震が14回発生しています。これは様々な規模の地震が混ざっており、18日午前0時01分に発生した震度4の余震というより、群発地震に近い状況に思われます。現時点では最後の地震から7時間以上静穏ですが、これで終息するかどうかはわかりません。

なお、一連の地震は「新潟県中越地方」とされていますが、新潟・長野県境にごく近い位置であり、県境のすぐ長野側は、東日本大震災直後の3月12日未明に震度6強に襲われた栄村です。震央が栄村地震より僅かに北東側にずれているだけで、この地震はほぼ同一の震源で発生していると考えて良いでしょう。

震源深さは「ごく浅い」から10kmで、揺れの範囲が狭い範囲に極限される一方、マグニチュード値の割りには地上の揺れが大きくなっています。栄村地震以降、この震源域でこのように集中的に地震が発生したことは無く、震災後初めての状況です。

現在、東日本の太平洋側を中心に地震が頻発している状況ですが、その原因となる動きが、日本海側にも影響を及ぼしているものと思われます。このため、日本海側も当分の間、強い地震に警戒が必要です。

なお、日本海側で多発している地震の震源深さはすべて10kmより浅いので、海底で大規模に発生した場合は津波の発生が懸念され、内陸で発生した場合には、揺れの周期が1~2秒の「キラーパルス」が発生しやすい内陸直下型地震となります。

一部に「日本海側には津波は来ない」という思い込みもあるようですが、実際に発生したこともあります。強い「キラーパルス」は、建物に最も大きな破壊力をもたらしますので、十分な対策と警戒が必要です。しばらくの間は、この震源域に限らず、日本海側全体で警戒レベルを上げてください。

■カテゴリ【地震関連】をクリックしていただくと、関連記事がまとめてご覧いただけます。

■■当ブログがお役にたてましたら、下の各ランキングタグへご支援のクリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ

« 【引き続き要警戒】宏観現象による地震警戒情報他【10/17】 | トップページ | 筋を通しましょうよ【ある特定の方々へのメッセージ】 »

地震関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543100/55919134

この記事へのトラックバック一覧です: 【新潟中越地方警戒】臨時地震警戒情報【10/18】:

« 【引き続き要警戒】宏観現象による地震警戒情報他【10/17】 | トップページ | 筋を通しましょうよ【ある特定の方々へのメッセージ】 »