2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 【ニュース解説・今度は多重衝突】暴風雪の恐怖 | トップページ | 風化させないとは? »

2013年3月11日 (月)

3月11日に寄せて

あれから二度目の3月11日が巡って来ました。

本日一日、当ブログでは東日本大震災で犠牲になられた方々への哀悼の意を表し、黒バックとします。


あの日から何が変わり、何が変わっていないのでしょうか。

私たちは何を知り、何を知らないのでしょうか。

私たちは何がしたくて、何をしたくないのでしょうか。

そして、私たちはこの先何をしなければならず、何をしてはならないのでしょうか。

日付はひとつの節目に過ぎませんが、ここで改めて考えてみてください。

人が生きるということ、生活するということ、そして、死ぬということは、どういうことなのか。

平穏だった"日常”が理不尽な力で破壊された時、人は何を思い、何を守ろうとし、何を叫ぶのか。

私たちは砂上の楼閣に巣食うだけの、運命に翻弄されるだけの矮小な存在なのか。それとも、自らの意志で未来を変えられる力があるのか。

そして私たちはなぜ、「生き残りたい」のか。

あまりにも巨大な破壊と死という現実から目を逸らさず、ひとりひとりが自らの奥底に秘めた、普段は開くことのない扉を、今日は叩いてみてください。

それができたときに心の深い場所から沸き上がって来る思いこそが、私たちがこれからすること、しなければならないことへの、力の根源となるはずです。

私たちは、考えることができます。行動することもできます。でも、もうそれができなくなってしまった人々の声、声無き声を思い、そして聴きとり、それぞれの思いと重ねてみてください。


今日は、そんな日でありたいと思っています。

« 【ニュース解説・今度は多重衝突】暴風雪の恐怖 | トップページ | 風化させないとは? »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月11日に寄せて:

« 【ニュース解説・今度は多重衝突】暴風雪の恐怖 | トップページ | 風化させないとは? »