2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 【一周年記念企画】小説・生き残れ。【21】 | トップページ | 【防災の話ではありません】管理人ひとりごと【4/22】 »

2013年4月20日 (土)

【中国・四川省でM7.0】地震関連情報【4/20通算500号】

この記事は、2012年1月12日の当ブログスタート以来、通算500本目となります。何か記念記事でも書こうと思っていたのですが、「また」大地震の記事を書くことになってしまいました。


日本時間の4月20日、午前9時02分頃、中国、四川省中部、深さ13kmを震源とするマグニチュード7.0(気象庁の発表は6.9)の地震が発生しました。この震源は、2008年5月12日に発生した、「四川大震災」(マグニチュード8.0、震源深さ19km)の震源から約100km程南方です。

20日夜の時点では、まだ被害の全体像は把握されていませんが、被災人口は150万人と言われることから、今後相当な規模の被害が明らかになって行くと思われます。

地震のタイプは、いわゆる内陸直下型地震で、阪神・淡路大震災に近いものです。震源深さが13kmと浅いために、地上では周期の短い、非常に強い揺れとなったと思われ、建物に大きな破壊力をもたらしたはずです。

震度は、報道による建物の破壊状況からして、我が国の基準で震度6強以上の揺れだったと思われます。2008年の四川大震災では、震度6弱程度だったとされていますが、「2008年より揺れが強かった」という現地の声が報道されていることからも、それが裏付けられます。


4月だけでも、世界各地で大規模地震が相次いでいます。
■4月6日 ニューギニア島付近 M7.2
■4月16日 イラン・パキスタン国境付近 M7.8
■4月19日 千島列島・ウルップ島付近 M7.0
■4月20日 中国・四川省中部 M7.0
そして、我が国では
■4月13日 淡路島中部 M6.3
■4月17日 三宅島沖 M6.2

これだけ集中して発生していることは、もはや偶然で片づけられるものではありません。我が国においては、東日本大震災の影響が大きいのは明らかですが、その他にも全地球的に共通する、何らかの理由も存在するということです。しかし、素人がその理由を詮索してもあまり意味がありません。

こういう言い方はあまりしたくないのですが、このような状況を見るにつけ、本気で「いよいよ来るぞ」という意識を強く持たなければならないと考えます。危機意識は、大袈裟なくらいが良いのです。いや、決して大袈裟ではないと、管理人は考えています。


地震の発生には、ふたつの要素があります。まず、断層を動かすひずみエネルギーが蓄積されていること、そして、それが解放される、つまり地震を引き起こす「引き金」(トリガー)の存在です。大前提として、ひずみエネルギーが蓄積されている断層は世界中にいくらでもあり、それ自体はごく普通のことです。

通常ならば、ひずみエネルギーが岩盤の弾性限界を超えた時、つまり大きな力が加わった岩盤が、耐え切れなくなってバキっと割れることで地震が起こりますから、あまり集中せずに、散発的に発生するわけです。そのタイミングは、あくまで「岩盤がいつまで持つか」ということにかかっています。

しかし、このように集中するということは、岩盤の弾性限界に達していなくても、それに近いひずみエネルギーが溜まった岩盤を破壊に導く「引き金」(トリガー)となる、何らかの力が作用していると考えることができます。その力は、現時点では科学的に説明できないものですが、存在を否定することもできません。


2004年12月のスマトラ沖地震(M9.1)は、1960年5月のチリ地震(M9.5)から44年の空白を経て発生した、マグニチュード9クラスの巨大地震です。そしてその時から、全地球的に巨大地震多発期に入ったと言われています。その後、世界各地でマグニチュード7以上の、大きな被害が出るレベルの地震が確かに多発しているのです。チリでも、50年の時を経て、2010年2月ににマグニチュード8.8が発生しています。そして2011年に東日本大震災(M9.0)が発生し、統計的により明確になりました。

そんな中で、今年の4月に入ってこの集中具合ですから、警戒レベル高度に引き上げるべき時だと考えなければなりません。「その時」は今日、明日かもしれないのです。

なんだか気が重くなるので、敢えて軽く表現しましょう。
大規模地震に対して「覚悟」を決め、必要な備えを整えるのは、

『今でしょ!』


・・・通算500号は、もっと気楽な記事にしたかったのですが(笑)

管理人追記:20世紀最後のマグニチュード9クラスは1964年のアラスカ地震(M9.2)ですが、被害が僅少だったため、大被害が出た地震として、ここではチリ地震をピックアップしました。アラスカ地震からスマトラ沖地震までの空白期間は、ちょうど40年となります。なお、20世紀におけるマグニチュード9クラスの地震は、すべてが1946年から1964年の、わずか18年間に集中しており、それが前回の多発期と考えられます。


■このシリーズは、カテゴリ【地震関連】をクリックしていただくと、まとめてご覧いただけます。

■■当ブログがお役にたてましたら、ブログトップまたは下の各ランキングタグへご支援のクリックをよろしくお願いいたします。

☆にほんブログ村 ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ

☆人気ブログランキング

« 【一周年記念企画】小説・生き残れ。【21】 | トップページ | 【防災の話ではありません】管理人ひとりごと【4/22】 »

地震関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543100/57213694

この記事へのトラックバック一覧です: 【中国・四川省でM7.0】地震関連情報【4/20通算500号】:

« 【一周年記念企画】小説・生き残れ。【21】 | トップページ | 【防災の話ではありません】管理人ひとりごと【4/22】 »