2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 【石巻で震度5強】地震関連情報【5/19】 | トップページ | 【EDCグッズ03】管理人のEDC【2】 »

2013年5月21日 (火)

【EDCグッズ02】管理人のEDC【1】

まず最初に、バッグから紹介しましょう。
Mononov_bousai_006
このバッグは、EDCグッズを収納、運搬するための機能を重視して選びました。ポイントはまず、頑丈であること。米軍装備品規格に準拠した、非常に頑丈な厚手のコーデュラナイロン製で、中の仕切がノートパソコン収納対応のソフトパッドになっていますから、バッグ単体でも、落下物などから身体を防護するためには理想的なものです。そして、かなりの対刃強度を発揮します。切り付けに対しては十分な盾になり、刺突に対しても、相当強く突かなければ貫通しないでしょう。中にものが入っていたら、対刃性能はさらにアップします。

材質は化学繊維のナイロン製ですが、十分な厚みと難燃加工のおかげで、火災などの熱にも、かなりの時間耐えることができます。米軍兵士の装備品と同等ということが、その耐久力の証明です。

内部にはサブポケットが多く、たくさんの小物を整理して収納することができます。最大の特徴は、本格的なリュックに変形すること。ショルダーハーネスがついたバッグはは珍しくないのですが、このバッグはご覧の通りの本格的なハーネスが格納されており、長時間背負っても快適です。これはもちろん、両手を空けておきたい緊急避難時や帰宅困難時にその効果を発揮します。
Mononov_bousai_008
豪雨に遭遇した時にもリュックして背負い、上からポンチョをかぶることで、荷物が濡れるのを防ぐことも容易です。

さらに、格納された状態のショルダーハーネスがクラッシュパッドの働きをしますし、その格納部がさらに小物の収納に使えるというメリットもありますから、EDCグッズ運搬用としても理想的なものです。

細かいことですが、本体正面上部についたベルトは、米軍装備品のMOLLE規格に準拠したもので、同規格のポーチなどを装着することができます。この規格は西側各国の軍隊に広く採用されており、多様な機能の用品が入手できますから、必要に応じて様々なアレンジが可能になります。管理人は、画像のように単純にペンホルダーとして使っていますが、これが実に便利ではあります。

問題は、デザイン的に好みが分かれることでしょうか。男性用としては、ビジネス用としても許容範囲だと重いますが、こと女性用としては、大きさも含めて一般的ではありませんね。ですから、これはEDC用としての機能を追求したひとつの例としてご覧ください。

なお、このバッグは米国J-TECH(ジェイテック)社製で、購入価格は9800円でした。それなりの価格ですが、その機能と耐久性を考えれば、手頃なレベルかと思います。

次回からは、それぞれの装備品について紹介します。


■このシリーズは、カテゴリ【防災用備品】をクリックしていただくと、まとめてご覧いただけます。

« 【石巻で震度5強】地震関連情報【5/19】 | トップページ | 【EDCグッズ03】管理人のEDC【2】 »

防災用備品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【EDCグッズ02】管理人のEDC【1】:

« 【石巻で震度5強】地震関連情報【5/19】 | トップページ | 【EDCグッズ03】管理人のEDC【2】 »