2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 【本棚の地震対策07】スペシャルステージ【後編】 | トップページ | 【本棚の地震対策08】最終回・まとめステージ »

2013年7月11日 (木)

【管理人ひとりごと7/11】EDCで検索!

通算550号記事は、管理人ひとりごとです。

最近、「EDC」というキーワード検索で当ブログを訪れていただく方が増えております。そこで、管理人も「EDC」で検索してみました。

そうしたら、everyday-carry.comというサイトを筆頭に、化学物質、会社名、医療器具、プログラミング用語から欧州防衛共同体(架空)まで、まあいろいろ出て来ること(笑)

当ブログで言うEDCとは、言うまでもなくEvery Day Carryの頭文字で、「毎日持ち歩かなければならない」防災グッズを指しています。その発想の元は、米国の私服警官が常時携帯する装備品でした。できるだけ小型・軽量が望ましいと同時に、「実戦」に対応できる性能を持っていることが求められます。あちらでは格闘や銃撃戦が起きる可能性が常に高いですから、見掛け倒しの装備では生命に関わります。その点で、我が国とは緊張感が違いますね。

そして、私服警官装備ならではの条件として、「隠匿性」があります。警察官であることを悟られないように、目立たずにさりげなく携帯できなければなりません。もちろん防災グッズを隠す必要は無いのですが、目立たないということは、即ち小型・軽量はもちろん、どこにでも収まりやすい形状ということでもあります。

それはまさに、日常的に持ち歩く防災グッズに求められる条件とぴったりであり、その発想を防災グッズのセレクションとキャリイングに活かそうと考えたのが始まりです。ですから、防災関係でEDCという言葉を使っているのは当ブログだけ・・・だと思っていたら、「EDC 防災」で検索したら、結構いらっしゃるんですね。正直、びっくりしました。我が国ではそんなに一般的な言葉じゃないと思っていましたが、こと防災グッズに関してはEDCが重要ですから、いろいろな情報が発信されていますね。


ところで、現時点では市販品の中から適当なものをピックアップして、場合によっては少しアレンジしてEDCグッズとしていますが、実は、かなり不満があるのも事実です。「ここをこうすれば、もっと便利なのになぁ!」と感じることが多いのです。

そこで、管理人は始動することにしました。これから、メーカーさんや商社さんへ製品の改良提案や新製品企画提案をやって行こうと思います。門前払いされることも多いでしょうし、コストなどのハードルも高いでしょう。それでも、より良い製品にすることには自信があります。夢は、SMC防災研究所オリジナルの「生き残れ。」モデル(←ネーミングは一考の余地ありw)EDCグッズを作ることです。

ちなみに、管理人はかつて営業職経験が長かったので、自分の提案を売り込むということに、ちょっと興奮しております。押し付けられたモノと数字ばかりこなして来ましたから(笑)当然ながら、提案活動の過程を公開することはできませんが、いずれ当ブログで成果を発表できることを信じて、間もなく始動します。

でも、暑いから秋からにしようかな・・・(笑)


■■当ブログがお役にたてましたら、ブログトップまたは下のランキングタグへご支援のクリックをよろしくお願いいたします。

☆人気ブログランキング


« 【本棚の地震対策07】スペシャルステージ【後編】 | トップページ | 【本棚の地震対策08】最終回・まとめステージ »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

あれお願いします。あれ。

ポンチョお願いします。


あと、下記のようなものの紹介ってありましたっけ?
▼スミキャップ
http://www.sumibe.co.jp/stp/products/scap.html
私も1枚もってますが、頭部を守るようなEDCグッズもあっても良いと思います。


素敵ですね!

頑張って下さい。

影ながら 応援しています。

私達のために 是非、実現化して下さい!

てばさん、頑張ってください!

『生き残れ。』モデル、期待しています。

できれば・・・子どもにも持たせられるようなもの(且つ簡単で!)と、子どもサイズの売り込みも!(笑)意外とないんですよね・・・

>whokiさん

ポンチョ、もちろんです。誰よりも私自身が欲しいので(笑)理想的には、表面をフラッシュオレンジ、裏面をアルミシルバーにしたいですね。ちょと厚手になりそうですが、そこをなんとか。

スミキャップ、いいですね。ブログで採り上げたことはないのですが、これをさらにコンパクト化したいですね。記事でも触れようと思っているのですが、私はヘルメットが必需品だと思っていません。救助活動をする時などを除き、緊急避難時にはいらないと思っているんですよ。特に折りたたみヘルメットなどは。

対衝撃より、外傷防止装備の方が重要だと思ってますので、そういうのも考えて行きたいですね。実は、そんなのの構想はあるんです。

他にも何かアイデアがありましたら、是非メールで教えてください。機密保持のために(笑)

>さびしんぼうさん

ありがとうございます。まあ、泥臭い話になるんでしょうが、なんとか実現したいですね。要は、売れる商品にしなけりゃなりません。

製品化できたら、是非たくさん買ってください(笑)

>はるママさん

ありがとうございます。頑張ってみます。

確かにお子さんにフィットする防災用品は少ないですね。ママさんの防災意識が高まらないと、造っても売れないという面もあるのでしょうが。

「こんなのが欲しい」というものがありましたら、是非メールで教えてください。やりようによっては、世のママさんの注目を集めることもできると思います。そのためには、やはりママ目線のご意見が伺えればと。

よろしくお願いします。

便利な道具が増えるのには賛成です。頑張って下さい。
でも、使い方を理解しない人には成りたくはないですね。

>由一さん

ありがとうございます。まあ、私が考えるようなものは、あまり一般ウケしないでしょうね(笑)本当に役に立つものと売れるものは違いますから。

本来なら、スーパーデリオスとか大ヒットしてもいいと思うんですが、多くの人は一番わかりやすい方向へしか行きませんし。

わかる人がわかり、愛用してくれればいい。そんなグッズを造りたいと思ってます。でも、そこそこ売れないとね・・・(笑)

こんにちは。
度々すみません。

世の中、予防商品はあまり売れません。治療商品の方が数倍高くても売れます。
(肥満防止薬は売れませんがやせ薬は売れます。生命保険は売りにくいですが、病院代はほいほい払います。マイホーム貯蓄はたまりませんが、ローンは金利が高くても泣く泣く払います)

そんなもんなので致し方ないのではないでしょうか。

>whokiさん

おっしゃる通り、わかりやすい恐怖や楽しみがセットじゃないと、大衆にアピールしませんね。でも、目的と性能がしっかりとした高機能商品に対する需要も確実にあり、それを求める層も少しずつ増えているのも感じます。

効果が目に見えるものが一番なのですが、防災なんてそうじゃない最たるものですけどね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【管理人ひとりごと7/11】EDCで検索!:

« 【本棚の地震対策07】スペシャルステージ【後編】 | トップページ | 【本棚の地震対策08】最終回・まとめステージ »