2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 『特別警報講演会』に出席してきました【前編】 | トップページ | ☆再掲載☆買い物編03【首都圏直下型地震を生き残れ!10/54】 »

2013年8月30日 (金)

久しぶりの救命救急講習【管理人ひとりごと8/30】

管理人は昨日(8/29)、地元の消防本部で開催された、上級救急救命講習会に参加してきました。前回、日本赤十字社の講習に参加してから5年近く経ってしまい、そろそろブラッシュアップせねばな、と考えてのこと。医学や救急救命技術は日々進歩していますから、理想的には2年に一回くらいは受講して、知識と技術の更新をしておきたいものです。

過去に一通りやっていることとはいえ、改めてやってみると意外に上手く行かないこともありましたし、忘れている知識に気付いたりもしました。やはり、何事も復習と反復が大切です。今回は、今までやったことの無かった、幼児と乳児のダミーを使ってのAED、CPRトレーニングが受けられたのが一番のメリットでした。

どんな理屈より、まず身体を動かして実際にやってみること。それが、こと防災や救護の世界ではとても大切だと、改めて思いました。何せ災害の現場では、普段やっていないことばかりを一発で上手く決めることが求められるのです。訓練する方法があるなら、やっておく。中でも生命に直接関わることの経験の有無が、あなたとあなたの大切な人の運命を大きく左右するのです。何も資格のためや、見ず知らずの人を助けるためじゃなくてもいいんです。まずはあなたの大切な人を守るチカラをつけること。そのために、救命救急講習の受講をお勧めします。

前にも記事で書きましたけど、AEDは魔法の小箱じゃありません。音声ガイダンスに従えば大丈夫だなんてたわ言を言う輩もおりますが、そんなのは自分でやったことが無いから言えること。AEDは、CPR(胸骨圧迫、人工呼吸)を併用して、初めて効果を発揮するものです。そしてその技術は、実際のトレーニングでしか身につきません。テキスト読んだだけでできると思っている方がいましたら、すぐに考えを改めていただきたいものです。命守るのは、そんな簡単じゃありませんよ。


ところで、今回の講習でとても嬉しかったのは、タイミングもあったのでしょうが、受講者がみな真剣だったということ。当たり前じゃないかと言われそうですが、さにあらず。管理人が過去に参加した講習では、はっきり書いちゃいますが、リタイヤした方々がお誘いあわせの上みたいなのがたくさんいたりして、講義は理解してないわ、実習は何度も失敗するわ、できなくてもヘラヘラしたり言い訳はするわと、全く真剣さと緊張感に欠けるようなのばかりでした。あの人たちには、本当の救命は絶対無理と断言できますね。

今回は参加年齢層もかなり若く(管理人が最年長くらいだったかも)、とにかく緊張感がある。設定されたシナリオに沿って実習しながら、気持ちはほとんど、今まで数多く経験した実際の事故現場に近いものでした。他の人が実習する姿を見ている時も、トレーニング用のダミーが、目の前に横たわっていた本当の負傷者の姿と重なってくるくらいなものです。管理人はかつて、長年に渡りオートバイ乗りでしたので、数え切れない程の事故現場に遭遇し、実際の救護の場数はやたらと踏んでいるのです。中には手の施しようの無いこともあって、そんな時の悔しさとやりきれなさが、今こういうことをやっているモチベーションのひとつなのは確かです。

さておき、管理人の話などはかなり特殊な世界ではあります。でも、大災害時にはそれが、いやそれ以上の状況がどこでも、いくらでも現出するのです。大怪我して出血したり変形したりしている身体に触るだけでも、とんでもない勇気が必要なんですよ。ましてや今ここでの処置で生死が分かれるような場合は。でもそんな時に後押しするのが「なんとかしてあげたい」という気持ちと、正しい知識と技術です。この場合はこうすれば良いという事がわかっていなかったら、ほとんどの人は一歩踏み出すことをしないでしょう。

これは想像ではなく、管理人が遭遇したほぼすべての事故現場で実際にそうでした。みんな負傷者を遠巻きにして、ただ見ているだけ。誰かが手を出そうとすると、ただ反射的に「動かすな」と横ヤリを入れる。そんなのには何度もウンザリさせられましたけど、そのうち開き直りましたね。他人は関係ない。自分ができることをやろうと。

見ず知らずの人が死にそうでも、別に関わる義務はありません。知らん顔しても全く問題無い。でも、そうはしたくない、なにか出来ることはないかと思うあなた、まずは救命救急講習を受けてください。それはまずなにより、あなた自身とあなたの大切な人を守るチカラになります。

各自治体、消防主催のものと、日本赤十字社主催のものが主です。まずはネットで検索を。


■■当ブログがお役にたてましたら、ブログトップまたは下のランキングタグへご支援のクリックをよろしくお願いいたします。

☆人気ブログランキング

« 『特別警報講演会』に出席してきました【前編】 | トップページ | ☆再掲載☆買い物編03【首都圏直下型地震を生き残れ!10/54】 »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの救命救急講習【管理人ひとりごと8/30】:

« 『特別警報講演会』に出席してきました【前編】 | トップページ | ☆再掲載☆買い物編03【首都圏直下型地震を生き残れ!10/54】 »