2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« ☆再掲載☆首都圏直下型地震を生き残れ!【2/54】 | トップページ | 超満員のスタジアムで防災を考える2【2013・夏】 »

2013年8月 9日 (金)

誤報でびっくり!【管理人ひとりごと8/9】

昨日(8/8)の緊急地震速報には驚かされましたね。埼玉南部の管理人のところでは、まずケーブルテレビの緊急地震速報が震度4を発報(ケーブルテレビ経由の速報システムは震度予報が出ます)、間髪入れずに携帯とテレビが発報するという警報の三重奏(笑)

携帯を開けばまさかの奈良県、それで埼玉で震度4なら、現地では震度7確実!焦りました。すぐにテレビをNHKに変えたら、しかし甲子園では特に何事もないようで。

この時点で、何か誤りが含まれることは想像できました。緊急地震速報では、発震地域が少しズレることや、震度が大きめに出ることは少なくありません。それでもある程度の地震は起きたのだろうと思ったら、ニュース速報では和歌山県北部でマグニチュード2.3だと。一体何が起きたんだ?

結局は報道の通り、三重県沖の海底地震計が和歌山北部の無感地震と同時に電気ノイズを発し、それをホストコンピューターが「マグニチュード7.8」と判定してしまったという誤報だったわけです。関西周辺では「震度6強〜7」が予報されたといいますから、えらいことです。

全く人騒がせな話ですが、ある意味で究極の抜き打ち訓練でもありました。速報が出た地域の皆様、あの瞬間、何ができましたか?何をしようとしましたか?

もしあれが本当ならば、関西周辺地域では速報とほぼ同時か、数秒以内に凄まじい揺れが襲って来たのです。あなたは、そこから身を守れたでしょうか。管理人の知人は、あの瞬間「バスタオルを頭からかぶった」そうです。反応は素早かったものの、残念ながら効果はほとんどありません。

せっかくの機会ですから、あの時、皆様がいた場所で大地震が来たらどんな危険があったか、あなたは身を守るために何をすべきだったか、そして、何ができて何ができなかったかを、ご自分で検証してみてください。

仕事場、家の中、街中、店の中、車の中、電車の中など、ありとあらゆる状況があり、それぞれ取るべき行動が異なります。さらに、あなたの「周囲3メートル」の状況で、さらに細かく異なるのです。例えばデパートの中だとしたら、服飾売場、家電売場、地下食品売場では危険の種類が異なり、有効な避難行動も違ってきます。

それを瞬間的に判断し、極度の緊張と恐怖の中で的確な行動を取ることがいかに難しいかを、できるだけリアルに想像してください。そして、本当に地震が来たらこんな行動をしようと、ご自分で考えて決めておいてください。事前に行動パターンを決めておかなければ、現場で瞬間的に考えて行動に移すなど、ほとんど不可能なのです。

こんなマニュアル的なブログを書いていてなんですが、文字で読んだだけの知識など、いざという時にはほとんど蘇りません。そのような知識をいかに「我が身のこと」と考えて咀嚼しているかが、とっさの行動を変えるのです。マニュアルの知識を、あなた自身の「意志」にまで昇華しておく必要があります。

実は、管理人がやたらと長文で記事を書き、しかも対策をほとんど箇条書きにしないのは、そういう理由もあります。箇条書きの知識など、とっさの行動にはまず結びつきません。記事をお読みいただきながら災害の状況をできるだけリアルに想像していただき、その中での行動を、その理由も含めて皆様ご自身の頭で考え、理解していただきたい。そして、皆様の「意志」の一部としていただきたい、そういう思いがあります。

言うなれば、「生き残れ。Annex」に書いてあったということなど忘れてしまい、その内容だけが皆様の「意志」の一部になっていて欲しい。そうでなければ、「最初の数秒」での役には立たないと、管理人は考えています。お子さんが近くにいて地震が来たら、まず反射的にお子さんを抱きよせるでしょう。理想的には、そいうレベルの行動ができるようになりたいということです。もちろんそれは、管理人自身も含めてなのですが。

そのための一助として、当ブログの内容をご利用いただければ幸いです。現在再掲載中の「首都圏直下型地震を生き残れ!」シリーズでは、シチュエーション別に「その時」取るべき行動とその理由ついてまとめていますので、是非ご覧ください。

なんだ誤報にかこつけた体の良い告知かよと思われそうですが(笑)、管理人としては、災害の危険から身を守れる方がひとりでも増えるのならば、このブログをやっている意味があるというものです。


■■当ブログがお役にたてましたら、ブログトップまたは下のランキングタグへご支援のクリックをよろしくお願いいたします。

☆人気ブログランキング

« ☆再掲載☆首都圏直下型地震を生き残れ!【2/54】 | トップページ | 超満員のスタジアムで防災を考える2【2013・夏】 »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。一昨日まで仕事関係の試験があり天気もよく知らないまま半月過ごしておりましたw

昨日の地震速報は歩行中だったので気付きませんでした。ちょうど一日前の同じ時刻は受験中でラスト5分肘が砕けんばかりの勢いで書きまくってたんですが、あの時に本番が来てたら正しい避難行動が取れたか、自分では全く自信がありません。命あっての何とやらではありますが、その二時間のためにみんな一年間、人によっては何年も頑張ったはずなので素直に筆を置く人はいないんじゃないか?とすら思えます。
というか、試験自体三日間の日程だったので昨日の夕方受験してた人もいたんですけどね。関西ではどういう状況だったのか聞いてみたいですね。

>tntさん

お久し振りです。試験でしたか。お疲れ様でした。良い結果をお祈りします。

緊急地震速報が出ても、動けない人は多いですよね。例えば試験会場ならば、発報の時点で試験中断、安全確認後に時間を延長して再開、一定以上の中断があれば再試験というようなマニュアル化がされていないと、無茶苦茶になりそうです。事前に緊急時の説明も欲しいところです。「とりあえず机の下に潜れ」とかw

事実上、速報くらいでは無視するしか無いでしょうね。予想震度がわかるシステムはそれほど一般的ではないですし、試験中は携帯類は電源オフだし。揺れ始めた時点で避難行動を始めるしかないでしょう。仮にそれほどの地震でなくても、試験再開後に集中できなくなりそうです。

ほんと関西ではどうだったのか。こういう話って、地元メディアで採り上げられるくらいで、ほとんど拡散しません。でも、そういう部分に災害対策へのヒントが詰まっているわけですから、なんとか知りたいものではあります。

今回は誤報でしたが これからくる予兆のように思えました
気を付けろということでしょうか
秋口から 災害が頻発するような気配がしますね

>だんごさん

今回の誤報も、気を引き締める効果は多少はあったのでしょうね。震災後にやたらと
聞いた、速報の注意喚起音も最近はほとんど聞かなくなっていましたし。

地震だけでなく、台風や秋の長雨での災害も大規模化が予想されます。
冬の豪雪もあるでしょう。とにかく気候がどんどん極端になっていますから、警戒しろ
というレベルではなく、具体的な対策が本当に必要な時期になってきています。

そこで地震が絡んだりしたらと思うと、ぞっとしますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誤報でびっくり!【管理人ひとりごと8/9】:

« ☆再掲載☆首都圏直下型地震を生き残れ!【2/54】 | トップページ | 超満員のスタジアムで防災を考える2【2013・夏】 »