2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 【EDCグッズ17】自動車に備えるEDCグッズ 05 | トップページ | 大ウソだらけの災害対策 »

2013年10月20日 (日)

【EDCグッズ18】自動車に備えるEDCグッズ 補足

自動車に備えるEDCグッズ「B装備」で紹介した、米軍折りたたみスコップの代替品について補足します。

米軍折りたたみスコップは、かつては中古品が安価で入手できたのですが、最近は新品がごく少数流通するだけで、価格も数千円します。ですから非常時に備えて普段は寝かせておく装備としては、あまり現実的ではありません。

そこで、米軍折りたたみスコップに近い機能を持つ代替品を紹介します。
Scop_021
Scop_020
これはマルチクラフトというブランドの折りたたみスコップです。

実はこの製品、米軍制式の折りたたみスコップを参考というかコピーしたものです。
Scop_023
下が米軍のもので、ご覧の通り大きさ、デザイン、構造ともにそっくりです。

さらに、米軍スコップには無い機能も追加されています。
Scop_022
ご覧のように、折りたたみ式のツルハシがついており、硬い地面を掘るときには役立つでしょうが、使用状態(画像)でのバランスは決して良いとは言えません。

米軍スコップとの違いは、その頑丈さです。米軍の方がブレード、シャフト共に鉄板が分厚く、折りたたみジョイント部もずっと頑丈です。ブレード部の端がかなり鋭く研いであり、セレーション(ギザギザ)部分はロープを切ったり、細い枝を落としたりするのにも使えます。軍用スコップはシャフトをテコに使ったり、対人戦闘用武器としての使用も想定しているので、非常に頑丈で鋭い造りになっているわけです。管理人は、暴漢にナイフを振り回されるより、このスコップで襲われる方がずっと恐ろしいと思いますよ。

これに対しマルチクラフト製は、それほどの頑強さは無いものの、キャンプや避難生活用としては十分な強度がありそうです。ブレードの端にセレーションが切ってありますが、こちらのブレードは角がむしろ丸められているので、ロープカッターや簡易ノコギリとしての機能はありません。

マルチクラフト製は必然的に軍用品には劣るものの、通常の使用には必要十分な性能で、価格を考えればコストパフォーマンスは十分に高いと言えるでしょう。車の中のEDC装備としてお勧めです。

なお、米軍放出の折りたたみスコップは、かつては500円程度で中古品が入手できたのですが、近年は市場から消えました。ほぼ同等品が新品で販売されることがありますが、価格は4000円以上します。

■このシリーズは、カテゴリ【防災用備品】です。

« 【EDCグッズ17】自動車に備えるEDCグッズ 05 | トップページ | 大ウソだらけの災害対策 »

防災用備品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【EDCグッズ18】自動車に備えるEDCグッズ 補足:

« 【EDCグッズ17】自動車に備えるEDCグッズ 05 | トップページ | 大ウソだらけの災害対策 »