2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« ☆再掲載☆本当に必要な防災グッズとは?【5】 | トップページ | 小説・声無き声 第一部【17】 »

2014年1月30日 (木)

【おすすめ書籍】歴史地震の話 都司嘉宣

タイトル:歴史地震の話~語り継がれた南海地震~
著者:都司嘉宣(つじ よしのぶ)
発行者:高知新聞社
価格:1700円税別
Photo


内容的には5つ星評価で迷わず☆☆☆☆☆+αですが、総合評価は敢えて☆☆☆☆。でも、ある地域の方には、これも☆☆☆☆☆+α。こんなまだるっこい評価の理由は、本文にて。

今回も、前回の【おすすめ書籍】でも紹介した、元東京大学地震研究所の都司嘉宣先生の著作です。簡単に説明すれば東海・東南海・南海地震、いわゆる南海トラフ地震に関する古文書を精査した記録で、特に南海地震に重点が置かれています。本書では、地球物理学・地震学者である都司先生が、その見識をベースに専門外である古文書を読解し、驚くべき見解を導き出しています。都司先生は、古文書の原典を読み下せる日本で唯一の地球物理学者なのです。

南海トラフ地震は周期的に何度も発生しており、各地の古文書にその記録が残されています。それらを丹念に収集、読解し、さらに現場でのフィールドワークと地震学の視点を加えて解析するという手法は都司先生ならではのもので、そこから導き出される見解の明快さと整合性は、驚異的ですらあります。

しかし、分野を横断したユニークな手法に「権威」の裏付けはあまりなく、現代の地震学が否定する内容をも導き出しているために、決して「主流」になり得ない見解ではあります。しかし古文書に記された記録の数々からは、決して現代科学だけでは説明し切れない「事実」が浮かびあがって来るのです。

基本的には、各地の記録とフィールドワークから、各時代の南海地震の揺れの強さや津波の到達範囲を推測し、それを集積することで地震の全体像をつまびらかにするものですが、その中から、なんと公式には「無かったこと」になっている地震の存在までもあぶり出すという、謎解きにも似た「面白さ」さえ感じられる内容です。そしてその結果が科学的にも整合性を持って来るという、ある意味で痛快ですらあります。

調査された記録は西日本の太平洋沿岸地域だけでなく、比較的記録が多く残る京都や大阪にまで及び、その被害や津波の到達距離までもが明らかにされています。さらに、現代科学が否定する多くの前兆現象も拾い上げ、その考察も行っています。例えば、南海地震の前に潮が異常に引いた、海鳴りがした、空が紅色に染まった、不思議な光を見た、井戸が枯れたり溢れたりした、異様な臭いがした、異常に暖かい日が続いたなど。このうち、海鳴りと井戸の異常以外は、現代の多くの地震学者が「あり得ない」と否定することです。

しかし非常に興味深いことに、以前当ブログで紹介した書籍、民間研究者が昭和21年の昭和南海地震経験者の口伝を集めた「南海地震は予知できる」でも、そのほぼすべてが語られているのです(紹介記事は文末にリンクします)数百年の時を経て同じ地で見られたとされる同じ内容は、それが現代科学の範疇を外れていようとも、決して頭ごなしに否定できるものではありません。その点、管理人も少し考えを改めさせられました。重きをおくべきは科学的整合性だけでなく、「その時何が起きたか」なのです。

そして、最後には「次」の東南海・南海地震の発生時期にまで言及されています。もちろんこれは予測に過ぎないのですが、その整合性には十分な説得力があります。


本書は、その緻密な解析手法と明確に導き出される見解において、他に類を見ないものでしょう。さらに読み物としての面白さもあり、迷わず星5つ+α評価です。そして、九州、関西も含めた西日本全域、特に太平洋沿岸地域の方には、南海トラフ地震の実像を知り、それに備えるための実用書としての価値も絶大です。

一方で、実用的な情報はほぼ南海地震に限られるので、全国的に絶対のおすすめとは言えない部分もありますので、総合評価は星4つ、というわけです。しかしその他の地域では全く役に立たないということではなく、大規模地震を恐れている方、研究している方、防災関係者、そして「その時何が起きたか」を知りたい方には、必読の書と言えるでしょう。

大規模地震は、決して得体の知れないモンスターではありません。少なくとも大災害の辛酸をなめた先人は、後世のために多くの記録と教訓を残してくれています。その内容を知るだけでも、一読の価値はあると思います。


■書籍「南海地震は予知できる」紹介過去記事



■当記事は、カテゴリ【日記・コラム】です。

« ☆再掲載☆本当に必要な防災グッズとは?【5】 | トップページ | 小説・声無き声 第一部【17】 »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543100/59037637

この記事へのトラックバック一覧です: 【おすすめ書籍】歴史地震の話 都司嘉宣:

« ☆再掲載☆本当に必要な防災グッズとは?【5】 | トップページ | 小説・声無き声 第一部【17】 »