2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« ☆再掲載☆普段持ち歩く防災グッズ【6】 | トップページ | 改めて『大川小の悲劇』を考える »

2014年3月11日 (火)

東日本大震災から3年

また3/11が巡って来たからと話題にするのは、なんだか軽薄なメディアみたいで嫌なのですが、やはり触れない訳には行きません。

まずは、犠牲になった多くの方々の三回忌となりますので、改めてご冥福をお祈りいたします。


あれから三年です。あの直後に中学、高校に進学した生徒が、卒業を迎えるのです。三年という時間は、短くありません。

その短くない間、家族や友人を失い、家を失い、仕事も収入も失い、愛する町のすべてを失い、新しい仕事も決まらず、決まっても家族が一緒に暮らせず、収入も安定せず、定住する場所も決まらずに、終わりの見えない仮設住宅暮らしが続いているような人々が、未だ二十数万人もいらっしゃるのです。

その事実を、いかに「我がこと」として考えらえるか。


「被災者」とそれ以外の違いとは、「その時どこにいたか」が全てです。あなたの居場所で大災害が起これば、あなたも「被災者」です。ちょっとシニカルな言い方をさせていただければ、あなたも「テレビの向こう側のかわいそうな人」になるということです。

他人事ではありません。

そして忘れてはならないのが、「テレビの向こう側」にも登場しない、大災害によってその歴史に終止符を打ってしまった方々の存在。これはますます「我がこと」として考えにくいのですが、要は、あなたやあなたの隣にいる人が、ある日突然消えてしまうということなのです。

しかし、どうやっても被災者の本当の気持ちや苦しみと完全に同化することなどできません。だからその悲しみや苦しみを能動的に考え、想像し、感じて、行動するのです。それが、我が身に大災害が襲いかかった時に、後に残る悲しみや苦しみを、最も小さくする方法に他なりません。

災害の記憶だけ残っても、大した役には立ちません。その悲劇を詳細に分析し、そこから導き出される教訓を生かして、後世にまでずっと伝えて行くこと。それが「風化させない」ということだと、管理人は考えています。


「お涙頂戴」や「災害トリビア」はもうたくさんです。あなたに今、そしてこれから何ができるのか。自分や大切な人を守るために、苦しんでいる人を救うために、何をしたら良いのか。それを、ひとりひとりが真剣に考えていただければと、管理人は願っています。

危機はその姿を巧みに隠しながら、今も現在進行形なのです。


■当記事は、カテゴリ【日記・コラム】です。

« ☆再掲載☆普段持ち歩く防災グッズ【6】 | トップページ | 改めて『大川小の悲劇』を考える »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543100/59274911

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災から3年:

« ☆再掲載☆普段持ち歩く防災グッズ【6】 | トップページ | 改めて『大川小の悲劇』を考える »