2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 【地震関連情報】環太平洋地域で大規模地震多発 | トップページ | 【防災の心理12】悪いのは自分だけじゃない! »

2014年4月25日 (金)

☆再掲載☆普段持ち歩く防災グッズ【13】

■当記事は、過去記事の再掲載です。なお、初回掲載時より大幅に加筆修正しています。


さて今回は、今まで紹介したグッズで実際の持ち歩きセットを組んでみたいと思います。当シリーズ冒頭に書いた通り、想定するのは大都市圏へ、公共交通機関で通勤・通学をしている人です。

まず、最も問題になるのが「重量」です。言うまでも無く、できるだけ軽くしたいもの。そこで、現実的な目標重量として、できるだけ500ccのペットボトル1本分、500グラム前後にまとめることとしました。

次に「容積」ですが、これは持ち歩くバッグ等によっても許容量が変わりますが、とにかくできるだけコンパクトにという方向で考えました。

それらを重視しつつ、防災グッズの6要素、■水分、■カロリー、■視界、■防水・防寒、■安全・衛生、■情報から、バランス良くグッズを選択してみました。まずは、画像をご覧いただきましょう。管理人が500グラム前後に纏めるならこうする、という一例です。
Carry_005
■水分は、浄水ストローにしました。浄水剤と一緒にフリーザーバッグに入れて35グラムほどですが、これを「スーパーデリオス」にすると、65グラムほどになります。「スーパーデリオス」の方が手軽に浄水できますが、ここでは軽量、コンパクト、低コストを優先しました。できれば「スーパーデリオス」装備の方がベターではあります。

■カロリーは、その名の通り「カロリーメイト」ひと箱94グラムをセレクトしました。紙箱が無ければ約90グラムです。ひと箱で400キロカロリーが補給できます。

■視界は、単3電池1本使用のLEDライト、26ルーメン、60グラム(画像は別項で紹介したものと異なりますが、同等のものです)

■防水・防寒は、100均ビニールカッパ100グラム、アルミレスキューシート60グラム、タオル70グラムの三種です。タオルはバッグの底に入れて、クッション代わりにしています。(防寒用手袋は通常装備と見なして除外しました)

■安全・衛生は、マスク3枚、ポケットティッシュ1パック、ウエットティッシュ10枚入り1パック、ラテックス手袋3組をフリーザーバッグに入れたセットで30グラムです。マスクは、抗ウイルスマスクがあればより良いでしょう。人工呼吸用キューマスクは、使用法の訓練を受けていることが前提ですので、ここでは除外しました。

■情報は、単3電池ラジオ95グラム、レスキューIDホイッスル10グラムです。(携帯電話、スマートホンとその充電器は平常装備と見なして除外しました)

これらを単純合計すると554グラムで、これに予備の単3乾電池(1本20グラム)を2本追加すると、約594グラムということになります。特に冬季には、喫煙しない方でも使い捨てバーナーライター(約20グラム)をひとつ装備してあると、より安心でしょう。

女性用品については通常装備と見なして除外してありますが、災害時を想定して、通常より多めに用意されておくことをお勧めします。家庭はもとより、勤務先などにある程度備蓄しておいても良いでしょう。阪神・淡路大震災、東日本大震災で被災した女性の声として、最低1周期分は用意しておかないと大変だったというものがあります。


なお、ここで組んだセットはあくまで一例ですので、地域、季節、気象条件、許容重量などによって、過去の記事を参考にしてアレンジしてみてください。ちなみに管理人の常時持ち歩き防災グッズの重量は、合計800グラム以上になり、バッグも防災グッズ収納を前提とした、コンパートメントやポケットがたくさんあるものを使用しています。

繰り返しますが、これは管理人が限られた条件を前提としてセレクトした一例です。これだけあれば安心、というものではありませんが、災害後に想定される状況に対し、比較的効率良く対応できる装備だと思います。ただしこれらは、あくまで災害の第一撃から「生き残った」後のための装備である、という事も忘れないでください。

「生き残る」ための防災とは、グッズを揃えるだけでなく、普段からの意識、行動、対策など、細かい要素の積み重ねなのです。そのためには、「その時」何が起こるかを正確に知ることが大前提となります。


…と、ここまでが2012年2月時点での記事です。その後、管理人自身の装備もアップデートといいますか、より現実に即した内容に変えている部分がありますので、それはまた当シリーズの最後に追加する形でお送りします。


■当記事は、カテゴリ【防災用備品】です。


« 【地震関連情報】環太平洋地域で大規模地震多発 | トップページ | 【防災の心理12】悪いのは自分だけじゃない! »

防災用備品」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

携帯薬はいれないのですかね?

鎮痛剤(バファリンやロキソニンなど) 数錠
芍薬葛根湯(こむら返りやぎっくり腰などの応急薬)3袋
下痢止め 数錠

を一応持ち歩いてます。  

間違いです。
芍薬甘草湯でした。

>whokiさん

このシリーズ、まだ再掲載が完結していないのに、ちょっと放置状態ですいません。
実は、薬についてはこの次に書いてあるんです。初回掲載時だと【13】の後に【補足】という形で。

間もなく、加筆修正の上で再掲載します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆再掲載☆普段持ち歩く防災グッズ【13】:

« 【地震関連情報】環太平洋地域で大規模地震多発 | トップページ | 【防災の心理12】悪いのは自分だけじゃない! »