2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« ☆再掲載☆【対災害アクションマニュアル27】停まってからも怖い! | トップページ | ☆再掲載☆【対災害アクションマニュアル28】水中で何ができるか? »

2014年9月13日 (土)

【徹底的に防水・防寒を考える01】まずはブルーシートから

各地で豪雨災害が多発しています。寒くなる季節を前に、今回から、防災用備品のうち、【防水・防寒】対策について、改めて徹底的に考えたいと思います。

初回は、【防水・防寒】用としてとにかく利用範囲の広いグッズ。既に用意されている方も多いと思いますが、一般的な『防災セット』に入っていることはまず無く、書籍やメディアで装備を勧めている例は何故か少ないというものです。

でも、全然珍しいものではありません。ブルーシートです。
Annex_001
当ブログとしては、このブルーシートを家には最低でも3枚、車の中にも最低1枚は用意することをお勧めしますが、多ければ多いほど良いものです。

ホームセンターへ行けば、いろいろなサイズやタイプのブルーシートが手に入ります。あまり大きいものだと扱いづらいので、四畳半サイズくらいが適当でしょう。

なお、ブルーシートにはビニール繊維を織った薄手のものと、表面にコーティングを施した厚手のものがありますので、できれば両方用意したいもの。薄手のものはコンパクトに畳め、価格も安いので使い捨てになっても負担が小さくて済みます。上画像は厚手のタイプで、最後に掲載する、リュックにバンド留めしているのは薄手のタイプです。

厚手のものは、特に強度、防水性、防風性、防寒性が必要な場合に使います。雨よけの天幕代わりとしては、厚手の方が向いてます。

選ぶ際のポイントは、シートの周囲にハトメ穴がついているものにすること。ハトメ穴があれば、そこにロープなどを通すことで、屋根代わりをはじめとして様々な用途で使うことができます。

ブルーシートを有効に使うために一緒に用意するものとして、まずロープが必要です。理想的なものは、軍用のパラシュートコードです。
Paracode
本来はパラシュートを操作するための紐ですから、扱いやすい太さと柔軟性に加え、静過重200kg以上に耐える抜群の強度があります。この用途以外にもあるととても便利なものですが、30mで1000円程度とコストが若干高めです。

その代用品としては、とりあえずビニール紐があれば、かなりのケースに対応できるでしょう。新聞紙などを束ねる時に使う、普通のビニール紐です。

ビニール紐の欠点は、一度結んだらほどけないことと、意外に引っ張り強度が無いので、しっかり結ぶためには何重にもする必要があることです。また、ハトメ穴にかかる部分などの摩擦にも弱いので、こすれる部分をガムテープなどで養生する必要があります。強い雨や風の中で紐が切れたりしたら大変です。

さらに、シートを繋げる、目止めをする、破れた部分を補修するなどのために、ガムテープと養生テープも用意しましょう。 ガムテープは一般的ですが、養生テープをご存知ない方もいるかと思います。
Annex_021
画像のような緑色または白色のテープで、主に工事の時に、周囲が汚れないようにビニールシートをかけたりする時に使うものです。手で容易に千切れ、粘着力があまり強くないので、つけ剥がしが簡単にできるのが特徴です。

これらをなぜ二種類用意するかというと、ガムテープは一度貼ると剥がしにくく、濡れた場所にはくっつかないからです。 ですから基本的には養生テープを使い、少し強度が欲しい場所や付け剥がしをしない場所はガムテープという使い分けが便利です。

さてブルーシートの用途ですが、これが災害時にはとにかく役立ちます。列挙してみましょう。

・屋根や壁、ガラス窓が壊れた場合の防雨・防風・目隠し、侵入防止
・地面に敷いてグラウンドシート
・建物内に土足で上がる際の防汚シート
・建物や車にさしかけて雨よけ、日除け、目隠し
・荷物などを包んで防汚、防水
・適当な大きさに切り首を出す穴を開けて簡易ポンチョ
・畳んでくるまれば簡易寝袋
・二本の長い棒に巻き付けて簡易担架

【防水・防寒】だけでなく、ざっと考えてもこのくらいあります。それぞれの用途のためには、ブルーシートだけでなく張るための紐とテープも必要なわけです。その他にも、状況によっていくらでも使いようがあるのがブルーシートですから、少なくとも家に備える防災グッズとして、もっと重視されなければならないものです。まずはホームセンターで薄手のものを三枚ほど。

車の中にも最低一枚は常備しておけば、災害時よりもレジャーの時などに重宝しますよ。グラウンドシートとしてはもちろん、急な雨のときに荷物を護ったりもできます。管理人は、車載EDC装備の非常持ち出しリュックにバンド留めしてあり、いつでも持ち出せるようにしてあります。
Caredc_021

最後に、ブルーシートとテープ類は放射線環境下の屋内避難時に、窓の隙間や通気口を目止めしたり、ドア開放時に外気が建物内に入りにくいようにする対策のためにも、とても有効だということを付け加えておきましょう。

以下に、Amazonの商品リンクを貼っておきます。各種の製品をまとめたページへのリンクですので、それぞれの製品名をクリックしてください。
ブルーシート
養生テープ
パラシュートコード


■当記事は、カテゴリ【防災用備品】です。

« ☆再掲載☆【対災害アクションマニュアル27】停まってからも怖い! | トップページ | ☆再掲載☆【対災害アクションマニュアル28】水中で何ができるか? »

防災用備品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【徹底的に防水・防寒を考える01】まずはブルーシートから:

« ☆再掲載☆【対災害アクションマニュアル27】停まってからも怖い! | トップページ | ☆再掲載☆【対災害アクションマニュアル28】水中で何ができるか? »