2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 南米チリで大規模噴火(#974) | トップページ | 【ヲタ目線地震教室06】押し込まれると逆断層(#976) »

2015年4月25日 (土)

【寄付先リンクつき】ネパールでM7.9の巨大地震(#975)

Nepar1
ネパール地震・完全に崩落した仏塔(ストゥーパ)

Nepar2
ネパール地震・鉄筋コンクリート建物も崩壊

Nepar3
ネパール地震・歴史的建造物にも大きな被害

日本時間の4月25日、ネパールの首都カトマンズの北西約80km地点の深さ約15kmを震源とするマグニチュード7.9の地震が発生し、大きな被害が出ています。なお、震源は有名なマナスル山、もしくはアンナプルナ山の南側山麓に当たる場所のようです。


【ヒマラヤ山脈の由来と地震】
震源はヒマラヤ山脈の南側で、北側のユーラシアプレートに対して南側からインドプレートが北向きに押しこんで来ている地殻プレート境界線に当たります。なお、ほぼインド亜大陸(インド半島)とインド洋の一部が含まれるインドプレート単独で呼称する場合と、その南側に連なってオーストラリア大陸まで含む地殻プレートまで併せて、インド・オーストラリアプレートと呼称する場合があります。

インド亜大陸は、太古の時代には海上で独立した陸地でしたが、インドプレートの北向きの動きに乗って北上し、ユーラシアプレートに衝突したとされます。インドプレートは地殻の厚さが比較的薄く質量が小さいと考えられ、マントル対流の影響を強く受けて、比較的速い速度で現在も北上し続けています。

その結果、当初は浅い海だったプレート境界部分が強い圧力によって隆起し、世界で最も高く険しい山脈を形成しました。それがヒマラヤ山脈です。ヒマラヤ山脈はインドプレートとユーラシアプレートのまさに境界部分を東西に伸びています。

ヒマラヤ山脈は、海底で形成された平坦な地層がインドプレートの圧力によって曲げられ、押し上げられた褶曲山脈とされており(異論もあるようですが)、山脈の各所で捻じ曲げられた地層が見られること、8000mを超える高度の地層から、サンゴや貝類など暖かく浅い海にいた古代生物の化石が発見されていることからも、海底が強い力によって押し上げられたということは間違いありません。

ヒマラヤ山脈南側に位置するネパールはこのような構造を持つ場所のため、、過去にも大規模地震が何度も起きている“地震の巣”のひとつです。


【約80年振りの巨大地震か?】
過去の記録を取り急ぎ調べてみたところ、ネパール国内を震源とする大規模地震のうち、記録に残る最大のものは1934年に発生したビハール・ネパール地震と思われます。

今回の震源とはかなり離れていますが、ネパール東部のヒマラヤ山脈山腹で発生した推定マグニチュード8.1の地震で、隣接するインドのビハール州も含めて死者・行方不明者は1万人を超えたとされています。なお、当時のネパールはいわゆる鎖国政策を採っていたため、ネパール国内での正確な被害規模はわかっていません。

今回の地震の規模はマグニチュード7.9ということで、おそらくそれに次ぐ規模の大規模地震と思われ、この時点でも被害が急速に拡大し続けています。今後より広域の調査が進めば、さらに巨大な被害が明らかになるものと思われます。

なお、1934年のビハール・ネパール地震では、高さ35mの仏塔(ストゥーパ)が倒壊して高さ6mになってしまったと記録されていますが、掲載画像のように、今回も同じような事態が起きています。


【恩返しのとき】
今回のネパール地震は、国際的に大きな支援が必要な被害規模に発展しそうです。

東日本大震災に際しては、ネパールからも毛布5000枚などの緊急支援をいただいています。たった毛布5000枚ではありません。経済規模や輸送手段を考えたら、我々の感覚と想像をはるかに超える大きな支援なのです。

先のバヌアツサイクロン災害に続いてしまいましたが、失礼な表現ながら、決して経済的に豊かとは言えない方々が支援してくださったことへの恩を、この機会にお返ししようではありませんか。

様々な支援の仕方がありますが、確実なのは赤十字を通じての支援です。当記事執筆時点ではまだ日本赤十字のレスポンスは無いようですが、わかり次第リンクしたいと思います。

■4月26日追記
現時点では日本赤十字社のネパール地震寄付窓口は開設されていないようなので、Yahoo!のネット募金窓口を掲載します。なお、募金先は主に日本赤十字社となります。

Yahoo!のネット募金は、募金額と同額をYahoo!が負担して募金するために、募金額が2倍になります(上限2000万円)クレジットカード及びTポイントカードのポイントも利用できます。

【寄付が2倍】ネパール地震被害緊急支援募金

※ソフトバンクのスマートフォン利用の方は、上記リンク先から別の専用ページにジャンプできます。


■当記事は、カテゴリ【日記・コラム】です。

« 南米チリで大規模噴火(#974) | トップページ | 【ヲタ目線地震教室06】押し込まれると逆断層(#976) »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543100/61493772

この記事へのトラックバック一覧です: 【寄付先リンクつき】ネパールでM7.9の巨大地震(#975):

« 南米チリで大規模噴火(#974) | トップページ | 【ヲタ目線地震教室06】押し込まれると逆断層(#976) »