2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 東京・調布で小型機が住宅街に墜落(#1036) | トップページ | 【調布墜落事故】当ブログとしてのまとめ(#1038) »

2015年7月27日 (月)

【調布墜落事故】おかしな専門家が現れた(#1037)

妙なことを言う『専門家』が現れました。


【やっぱり出たパイロットミス主因説】
東京・調布の小型機墜落事故について、エンジントラブルはなく、パイロットミスのみで発生したという主張です。

現時点ではパイロットミス自体を否定はできませんが、そう主張する理由が専門家とは思えません。

どういう経歴かは知りませんが、「航空評論家」のS氏は、下記の理由でパイロットミスだと言うのです。

■当時は非常に暑く、滑走路上は40℃以上と思われ、5人フル搭乗で重い機体を上げるパワーが出ていないことに気づかず離陸した。

■最後まで引き込み式の着陸装置が引き込まれていない。
(通常は離陸後すぐに引き込む)

■遠くまでエンジン音が聞こえている(エンジントラブルならば、音が聞こえないはずと)

一見まともそうですが、意味不明です。


【素人以下の理屈?】
エンジンは、気温が高いと空気の密度が下がる、すなわち体積当たりの酸素含有量が減るので燃焼効率が落ち、パワーが出づらくなります。

それを見越せず、パワーと速度不足のまま離陸したミスだと。

事故機のエンジンは、ターボチャージャー付き350馬力のピストンエンジンですが、エンジンが正常ならば、あの状況で離昇出力が足らなくなるほど非力ではない。ただでさえ暑くてパワーが出づらいのに、パイロットがわざわざパワーを絞って離陸したというのでしょうか。

引き込み脚が出たままだったことについては、さらに意味不明。離陸後すぐに脚を引き込む理由として、「軽くするため」だと。

当たり前ですが、脚を引き込んでも軽くはなりません。すぐに引き込むのは、空気抵抗を減らして加速上昇をしやすくするためです。

ましてや、速度とパワー不足で上昇できずにいるのです。すぐに緊急着陸をするために、脚を出したまま飛行場に戻ろうとするのはごく当たり前のこと。


エンジン音については、もう訳がわからない。遠くから撮られた画像でエンジン音が聞こえているから、正常だったと。エンジントラブルならば、音が聞こえないそうですよ。そりゃエンジンが止まるか高速回転していない場合だろう。それに、風向きなどで音の聞こえ方は全然変わりますし。

遠くからの映像では、事故機は地面とほとんど平行に低空を飛びながら、何度か機首を上げ下げする様子が写っています。

操縦輪を引いて、頭を上げて加速上昇したかったのに、パワーがついて来ない。だから頭を上げると速度が落ちて失速しそうなギリギリの速度で、なんとか高度を維持しようとしていたのでしょう。

仮に離陸時はパワー不足状態だったとしても、そこから思うように上昇できない時点で、スロットルを全開にしていないとでも言うのでしょうか。パワーが欲しいのに、何らかの事情でそれが得られていない状況だったのは明らかです。

そして、多くの目撃者は、最後にはエンジン音が聞こえなくなり、滑空するように墜落したと証言しています。最後の瞬間にはエンジンが止まっていたか、アイドリング状態のような低回転になっていたのは間違いないでしょう。

前記事にも書きましたが、離陸直後にサッカー場上空を通過する際のエンジン音は、明らかに通常の離陸時より低い、まるで低速で航過飛行をするような音でした。管理人の印象ではそれよりも低く、少しバラついていたようにも思えます。

地元の、小型機の音を聞き慣れた方の証言にも「いつもと違う異常な音だった」というのが複数あります。

管理人はバイク乗りですし、航空機も大好きで、しかも埼玉・桶川のホンダエアポートで小型機のエンジン音はいやという程聞いていますから、エンジン音の異常くらいは聞き分けられます。


とにかく、最大のパワーが欲しい離陸時に、しかも上昇できないでいるのに、そこまで「正常な」エンジンを絞っていたというのが、パイロットの判断ミスだと主張しているわけです。

これなど、ほとんど素人以下の理屈じゃないですかね。こんなのが「航空評論家」だそうで。事故の検証以前に、脚を引き込むのが「軽くするため」という時点でニセモノか、血迷った方なのでは?

どうも、エンジントラブルとパイロットミスの複合要因が主流の事故原因説の中で、「独自の主張」をして注目を集めたいとしか思えませんね。パイロットミス説は、一番注目を集めますから。もし間違っていても『評論家』は責任取る必要ないし。あれ、何かの『専門家』と一緒だw

登場していたのが、あの東京・お台場の放送局っていうのも何か示唆的なw


【エンジントラブルの種類】
ここで、敢えて考えましょう。航空機のエンジンは、自動車よりもはるかに頻繁に点検整備されていますから、機械部分が壊れる可能性はあまりありません。

この事故のケースで起こるとしたら、下記の三種類の可能性が非常に大きいのです。

■燃料系統のトラブルまたは切り替えミス
■電気(点火)系統のトラブル
■ターボチャージャーのトラブル

墜落直前にエンジンが止まっていたのならば、まず第一に燃料系統が疑われます。トラブルかミスによってエンジンに燃料が十分に流れず、最後には途絶えてしまった。

次に、電気系統。シリンダーの一部でも正常な点火をしていなければ、十分なパワーは出ません。

そして車でも結構ある、ターボチャージャーのトラブル。ターボは空気を圧縮してシリンダー内に押し込むことで酸素量を増やし、燃焼効率を上げてパワーアップする機器です。

だから、空気密度の低い高空や暑い中でも、自然吸気エンジンよりはるかにパワーが出るのです。それがいきなり失われたとしたら、大げさに言えばエンジン出力がいきなり100馬力落ちるような、大きな影響があったはずです。

それならば暑い中、フル搭乗の機体が上昇できなくなる可能性考えられます。

さらに付け加えれば、吸排気系統のパイプ類にヒビが入ったりしても、エンジン出力は大きくダウンしますから、その可能性も多少は考えられます。

このような、なんらかのエンジントラブルを併発していなければ、あの事故は起きなかったと思われます。パイロットの判断ミスがあっても、エンジンパワーさえあれば何とかなった可能性が非常に高いのです。

【お互い様の世界で真実は死ぬ】
ということで、また毒吐いちゃいましたけど、本来こういうのは、『専門家』が批判しなければいけないんじゃないですか。でも、商業ベースでそれをやる人はいません。他人の“既得権”を奪うようなことすると、どこかでしっぺ返し食うかもしれないからでしょうね。

プロが同業者を公式に批判するのは、余程の理由と覚悟が必要ですから。もちろん、『防災の専門家』の世界も一緒。

まあ、素人でもツッこめるような理屈を、「航空評論家」として堂々と公開した勇気には拍手を贈りたいと思いますよw


全く余談ながら、地上で犠牲になった女性は、犬を助けようとして逃げ遅れたようです。もし動物救援ボラもやっている管理人がそこにいたら、どうしたか。それを思うと、たた悔しくて仕方ないのです。

10匹くらいいたという犬も、全部生還したわけではないでしょう。でも、報道にも一切触れられない命を守るために身を投じた方のご冥福を、改めて心からお祈りしたいと思います。

事故も災害も、あまりに理不尽なのです。


■当記事は、カテゴリ【日記・コラム】です。

« 東京・調布で小型機が住宅街に墜落(#1036) | トップページ | 【調布墜落事故】当ブログとしてのまとめ(#1038) »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

昔、何かで読んだのですが、ある日本の医学会の重鎮が新薬を開発し、申請と治験を経て承認されたのだそうです。しかし実はその薬には期待された薬効がまったくなく、しかし重鎮の立場を慮り、現場の医師は何も言えず、ついにその薬の承認が取り消されたのは、その重鎮が亡くなってからのことだったとか。日本にはなぜか、他人の批判をしてはならない、という、訳のわからない慣習があるんですよね。根拠なく責め立てるのは論外にしても、普通におかしいことはおかしいと言える、当たり前な社会にはまだまだ遠いのが日本の現状なのかしら。一石を投じていただいてありがとうございます

>ぼたもちさん

枠組みが出来ている社会や分野は、それぞれの既得権を守った方がみんなに利益がありますから、確実になあなあになるわけですね。

そのために不利益を蒙る人がいても、声を上げなかったり少数だったりしたら、無視しとけばいい。大きな騒ぎになりそうだったらまず懐柔して、それでもダメならば相手の不備を突いて潰しにかかる。

ただ、近年は良くも悪くもネット世論が一気に炎上することが多いので、そういうやり方も通用しないこともありますが。

まあ、航空機事故だの防災だのは、どんなにヨタ言っても個別の不利益には繋がりませんから、訴えられても法的には勝てますよ。だから言いたい放題だけど。

新薬の話、効果が無かっただけだからそれで済みましたが、重篤な副作用があったとしても、最初は隠匿でしょうね。で、いいかげん被害者が多くなったら、部下が出るとこ出る。それで重鎮が守られれば覚えめでたく出世街道という流れですわ。

それに対抗する方も、強力な理論武装が必要なわけですが、素人にはなかなか難しい。せめて私のわかる分野は、変態ヲタの知識を総動員して声を上げますよ。

きっと何も変わらない。でも、「専門家」を名乗ってもロクでもない奴がいるということだけは、知っていただけるでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543100/61968007

この記事へのトラックバック一覧です: 【調布墜落事故】おかしな専門家が現れた(#1037):

« 東京・調布で小型機が住宅街に墜落(#1036) | トップページ | 【調布墜落事故】当ブログとしてのまとめ(#1038) »