« 【ヲタ目線地震教室20】すぱっと切れれば断層雲(#1042) | トップページ | レア現象とヨタ情報(#1044) »

2015年8月15日 (土)

桜島に大規模噴火のおそれ(#1043)

Live
8月15日午前10時50分時点の桜島ライブ映像(鹿児島大学ライブカメラ映像からキャプチャさせていただきました)

桜島(鹿児島県)の火山活動が、急激に活発化しています。8月15日午前10時15分、気象庁は桜島の噴火警戒レベルを、レベル3からレベル4(避難準備)に引き上げました。


【地震と山体膨張を観測】
桜島は、本日8月15日の午前7時頃から、桜島南岳地下を震源とする火山性地震が急増しています。また、島内に設置した傾斜計や伸縮計の計測によると、急激な山体膨張が発生しており、今後さらに変動の規模が大きくなることが予想されます。

これは、桜島の地下でマグマの圧力が上昇中で、その圧力で周囲の岩盤が割れて発生する火山性地震や、山全体を膨らませるような山体膨張が起きている状態であり、大規模噴火の兆候と考えられます。

今後、地下深くのマグマ溜まりからマグマが上昇してくると、火山性微動や低周波地震が観測される可能性がありますが、急激な大規模噴火に繋がる可能性も高くなっています。


【速やかな避難を】
現時点では、噴火警戒レベル4(避難準備)ですが、実際に大規模噴火が発生すると、高速の火砕流が短時間で山麓まで到達したり、大量に降灰して避難が困難になる可能性もありますから、影響を受ける地域の方は、現時点から避難を開始することが望ましいでしょう。

なお、地元の方はある程度対応や装備が整っていると思われますが、お盆時期で現地にいる観光客や帰省客など、噴火に慣れておらず、装備も不十分な方々は、すぐに避難を開始すべきです。

噴火が始まると、周辺の空港はもとより、鉄道も甚大な影響を受ける可能性があり、身動きできなくなるかもしれません。自動車も、降灰による道路の閉鎖や視界不良により、移動が困難になる可能性があります。


【様子見の段階ではない】
いかなる場合も、火山近隣に留まって「様子を見る」ような状況ではありません。短時間で急激な噴火の兆候が見られているので、実際に大規模噴火が発生するものと考えるべき状況で、可能な限り速やかに安全な場所に移動すべきです。


■当記事は、カテゴリ【火山災害】です。


« 【ヲタ目線地震教室20】すぱっと切れれば断層雲(#1042) | トップページ | レア現象とヨタ情報(#1044) »

火山災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543100/62086380

この記事へのトラックバック一覧です: 桜島に大規模噴火のおそれ(#1043):

« 【ヲタ目線地震教室20】すぱっと切れれば断層雲(#1042) | トップページ | レア現象とヨタ情報(#1044) »