2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 【関東・東北大水害】やったもん勝ちを許すな(#1056) | トップページ | 【関東・東北大水害】それでもあなたは長靴を履かないか?(#1058) »

2015年9月15日 (火)

【関東・東北大水害】隠れた超絶進化を知れ(#1057)

Dnet
D-NET概念図。これが最先端の救難統制システムだ(JAXAウェブサイトより転載)

前回記事(♯1056)は、毎度問題となる被災地域でのマスコミヘリの行動について触れました。

今回は、十年一日の如く変わり映え問題の一方で、見えないところで超絶進化を遂げている救難ヘリのことについてです。

とは言っても、ヘリ自体のことではありません。


【総力戦の問題】
大災害が発生すると、現場には様々な救難ヘリが集結します。今回の大水害では、陸上自衛隊、航空自衛隊、海上自衛隊、海上保安庁と、警察、消防、都道府県の防災ヘリ(それぞれ地元部隊+応援部隊)が集結しました。

その数は40機近い規模になりましたが、報道を見てお気づきになられた方はあるでしょうか。過去に比べて、非常にスムースに救助活動が進んだことに。


このような混成救難部隊の最大の問題は、組織ごとに指揮命令系統や無線の系統が異なること。通常の無線交信だけでは、各部隊を横断した統合的な運用が難しいのです。

東日本大震災の救難活動では、まさに過去最大の総力戦が展開されたのですが、その裏では、ヘリの捜索地域が重複したり、捜索地域にムラがあったり、整備や補給の問題で必要な場所に機体を派遣できないというような問題が、かなり起きたのです。

その教訓から、新たなシステムが開発されました。


【今回が初の本格運用だった】
そのシステムとは『災害救援航空機情報共有ネットワーク』(D-NET)と呼ばれる、集中管理型消防防災ヘリコプター動態管理システムです。

これは、消防庁とJAXAが共同開発したもので、平成26年4月から運用が開始されており、今回の大水害が初めての大規模実践運用となりました。

このシステムは、消防ヘリ・防災ヘリ・ドクターヘリ、陸上自衛隊救難ヘリに専用のネットワーク端末を搭載し、各機体の位置、活動状況、整備・補給状況などが、消防の指令本部で一括管理できるというもの。

各ヘリへの指示は、専用端末を介して地図などの画像や短文で行われ、確認された被害状況や他のヘリの位置も表示されます。

これにより各機体を最大効率で運用できたために、非常に迅速な救難活動が実現したのです。報道ではほとんど触れられていませんが。

このシステムには、現時点では海空自衛隊、警察、海上保安庁は参加していないようですが、それでも消防指令本部が未対応の各組織と捜索地域などを調整することで、かつてないレベルでの効率運用が実現したわけです。

これはまさに、我が国が世界に誇るべきシステムと言えるでしょう。


【残念だったこと】
このようなシステムに加え、各救難ヘリ部隊では多くの災害出動の教訓から、迅速な出動や支援のための体制を改良し続けており、今回も命令一下、最短時間で出動したのです。

なのに、今回の発災直後には、救助が遅いだのヘリが少ないだのとSNSなどで批判する声がありました。テレビに映る部分だけを見て、言いたい放題。

しかも、それが事情がわからない素人ではなく、防災に関わっている、その世界ではそれなりに名が知れた人もいて、さらには「行政は何をやっているんだ?」とか「現場のことなど誰もわかっていない」とか、他の発言に乗かって批判をする手合いもいたりするのを見て、とても残念な気持ちになりました。

みんな結構年輩で、それなりに防災活動の経験もあるような人たちなのですけどね。

まあ、こういう情報を知らないのはある意味で仕方ないのですが、どうも“まず批判ありき”というような姿勢が、やたらと不快ではありました。

被災者側の立場に立てば、何言っても許されるみたいな風潮も不快です。もちろん問題はいろいろありますけど、防災を標榜し、曲がりなりにもそのための活動をしている人間が、現場も見ずにネット上で偉そうに言うことじゃない。

最前線は、あんたたちよりずっと“わかって”いて、日々進化していますよ。

最後に、D-NETに関する資料ページをリンクしておきます。JAXAのプレスリリースです。文面はかなり専門的で難解な部分もありますが、イラストや図表もありますので、システムのイメージを掴めると思います。

総務省消防庁によるD-NETに対応した集中管理型消防防災ヘリコプター動態管理システムの運用開始について


■当記事は、カテゴリ【日記・コラム】です。

« 【関東・東北大水害】やったもん勝ちを許すな(#1056) | トップページ | 【関東・東北大水害】それでもあなたは長靴を履かないか?(#1058) »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543100/62285904

この記事へのトラックバック一覧です: 【関東・東北大水害】隠れた超絶進化を知れ(#1057):

« 【関東・東北大水害】やったもん勝ちを許すな(#1056) | トップページ | 【関東・東北大水害】それでもあなたは長靴を履かないか?(#1058) »