2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 続々“サバイバルのプロ”を嗤え(#1066) | トップページ | 【宏観現象による地震警戒情報10/11】画像をいただきました(#1068) »

2015年10月 9日 (金)

【宏観現象による地震警戒情報10/9】井戸に大量の砂が噴出(#1067)

最初にお断りしておきますが、この記事は大規模地震の発生を予知・予測するものではありません。あくまで、地震の発生と相関が見られる宏観現象についてお伝えするものです。


【震災時以来の大量混入発生中】
最近はお休み中でしたが、当ブログでは千葉県北部在住の協力者様宅の井戸に起きる、地震の発生と相関が見られる宏観現象についてお伝えしてきました。(カテゴリ【地震関連】にまとめてあります)

本日10月9日、その協力者様から連絡をいただきましたので、緊急記事をアップします。

現在の状況は井戸水の中に砂が混入しており、その量は東日本大震災時に匹敵するということです。

なお、そのような量の混入は、管理人がお聞きしている限りでは、震災後ほぼ初めてと思われます。もしこの現象が地震と本当に関連があるとすれば、近いうちにかなり大規模な地震が発生する可能性があります。


【変化と地震規模の関係】
この井戸に変化が現れると、直後から4~5日目くらいの間に、千葉県北部から茨城県南部を中心とした震源域で地震が起きることが多いことが、過去の検証から明らかになっています。

井戸の変化の内容は、軽い方から
・水に匂いが出る
・水が変色する
・水に浮遊物が浮く
・水にシルト(粘土状の細かい土)が混ざる
・水に粒の大きな砂が混ざる

というもので、協力者様の経験則と管理人の検証からは、上の現象から順に、発生する地震の規模が大きくなる傾向が見られています。なお、震災後に管理人が井戸の変化をお聞きし始めてからは、関連があると思われる地震は、最大で震度5弱でした。

但し、当該震源域で地震が起きる前に井戸に変化が出ないことも、変化があっても地震が起きなかったこともありますから、言うまでもなく地震の発生を断言できるものではありません。

現在言えることは、震災時に震度5強クラスも発生した千葉県北部から茨城県南部を中心とした震源域での地震発生と関連があると思われる宏観現象が、震災時と同じレベルで発生している、ということであり、これは特に警戒を要する状況だと、協力者様、管理人共に考えているということです。


【経験則による予想】
管理人の経験則によると、千葉県北部の井戸に変化が現れてから4~5日目くらいまでに、周辺の震源域で関連があると思われる地震が発生することが、比較的多く見られました。

現在の状況をそれに当てはめれば、もし関連する地震が発生するならば、本日10月9日から10月14日くらいまでの間の可能性が高く、震災時並みの量の砂が混入しているということからは、当時最大級だった震度5強クラスもしくはそれ以上の地震が、千葉県北部から茨城県南部周辺の震源域で発生するかもしれない、ということになります。


【もしものためにやるべきことは】
繰り返しますが、これは大規模地震の予知・予測ではありません。

しかし、しばらくの間は東京都内も含めた関東地方南部における警戒レベルを上げた方が良い状況だと考えています。予想震源域に近い場所にお住いの協力者様は、実際に備蓄の買い増しをされていますし、もちろん管理人も警戒レベルを上げます。

管理人の具体的行動としては、特に用事が無ければ繁華街に出ない、外出時のEDC装備を普段より増量・強化する、車や交通機関乗車時の対策をより厳にする、行く先々での危険要素発見・回避方法検討をより厳に行う、などとなります。基本的には、地震時の危険要素にできるだけ近づかないということでしょうか。

これは、既に基本的な地震対策が済んでいるという前提の行動です。もしご自分の対策に不安がありましたら、すぐにでも可能な対策されることをお勧めします。今回何も起きなくても、何も無駄にはなりません。

続報がありましたら、引き続きお伝えします。


■10/11 午前11時25分追記■
10月11日午前11時16分頃、茨城県南部の深さ60kmを震源とするマグニチュード3.0、宇都宮市で最大震度1を観測する地震が発生しましたが、この地震は茨城県南部でもかなり北寄りで、井戸の場所からかなり離れているので、今回の変化とは直接の関連は無いと考えています。

この地震を除外すると、今回の変化に対応すると思われる有感地震は、まだ発生していません。引き続き警戒が必要です。


■当記事は、カテゴリ【地震関連】です。

« 続々“サバイバルのプロ”を嗤え(#1066) | トップページ | 【宏観現象による地震警戒情報10/11】画像をいただきました(#1068) »

地震関連」カテゴリの記事

コメント

初めまして、ビーバーと申します。
地震予知ブログでこちらを紹介されており読ませてただきました。

私は茨城南部に住んでおり、常日頃地震に予測前兆をネットで見ております。
管理者様ご協力者様の経験則のお知らせに大変感謝しております。
また日々観察していた事にとても感動し感謝しております。

数日前から気になりだし日持ちの良い食べ物
(ラーメン、コンビニレトルト、パン、パスタ等)さらに備蓄を増やし、足りない物をチェックしていた所でした。

管理者様がおっしゃるように「今回何も起きなくても、何も無駄にはならない」と私も思います。
備蓄はお昼に食べてしまえば良いので良いのです。(^^)
あとは日頃の倒れそうな物を確認したいと思います。
何も無ければそれで良し!普通の生活に感謝です。(^^)

では何か変化があればまたお知らせ頂けたらと思います。

>ビーバー様

コメントありがとうございます。情報がお役に立てて光栄です。

私は根拠の無い予知ゴッコは全否定しますが、この井戸に関しては、自分自身の検証から、地震と明らかな関係があると言うことができます。井戸の変化は、昔から宏観現象としては最も一般的なものですし。

千葉県北部から茨城県南部の震源域では、深さ40~70kmの地震が主であり、千葉県北西部に限っては、70~90kmくらいが主になります。このタイプの地震は、超巨大化する心配はあまりありませんが、地上に被害が出るレベルに達する可能性は十分にあります。

茨城県南部でも、震源域のいちばん西寄りで発生すると、私がいる埼玉県南部もかなり揺れますので、他人事でもありません。

千葉県北西部で起きると、東京湾対岸の東京都内だけでなく、神奈川までかなり強く揺れる傾向があります。

何しろ、できる備えをできる時に。起きてからでは遅い。この当たり前のことを実践する、良いタイミングかと思います。

続報がありましたら、引き続きお伝えして行きます。今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543100/62443640

この記事へのトラックバック一覧です: 【宏観現象による地震警戒情報10/9】井戸に大量の砂が噴出(#1067):

« 続々“サバイバルのプロ”を嗤え(#1066) | トップページ | 【宏観現象による地震警戒情報10/11】画像をいただきました(#1068) »