2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 【ヲタ目線地震教室23】S波はヘビのようにやってくる(#1092) | トップページ | 【ヲタ目線地震教室24】震源までの距離を一瞬ではじき出す(#1094) »

2015年12月 2日 (水)

【シリーズUDL25】衛生編8・身体の汗と汚れをなんとかしたい(#1093)

Summer
こんな避難生活では身体の衛生対策が必須(画像はイメージです)

■UDLとはUnder Disaseter Lifeの頭文字。当ブログが提唱する被災生活の概念です。


風呂もシャワーも使えないUDLで、身体の衛生を保つためにできることは、身体を拭くことくらいです。

【それはそれで良いけれど】
世間の防災情報でも、一部はそのことに触れていて、こんなものを備えておくと良い、というアドバイスも見られます。

と言うか、衛生を無視した防災情報が多すぎますね。無視しているのならまだしも、発信者が衛生を考えていないことが非常に多い。

机上の空論の受け売りだけで、実体験や現場での情報収集なしに発信する手合いは、たいていそんなの。『防災の専門家』にも、その程度の輩は結構いますし。


さておき、衛生用の備えとして薦められているのが、このようなもの。
Sheet
これは一例ですが、このような顔や身体を拭けるウェットクロスがあれば、確かにかなり快適です。

より汎用性が高い、赤ちゃん用おしりふきシートが便利という情報など、現実に即したものと言えますね。

それはそれで、是非備えておきたいものです。ただ、問題は『量』なのです。


【何日使える?】
ウェットクロスを1パック、防災用備品に入れておけば安心ですか?2~3日の避難生活ならともかく、例えば家族4人が使うとしたら。

普通のウェットクロスは、1枚で顔周りをしっかり拭いたら大体おしまい。全身を拭くならば、4~5枚は使ってしまいそう。家族で使ったら、あっと言う間になくなります。ひとりでも、特に夏場には1週間と持たないでしょう。

でも、風呂やシャワーが使えないインフラ停止状態は、1ヶ月は続くものと考えておかなければなりません。それが夏場だったら、ぞっとしませんか?

そんな状況に陥ったら、市販のウェットクロスなどは、あくまで急場しのぎに過ぎないのです。

そんな過酷なUDLをできるだけ快適に過ごし、皮膚トラブルや臭いを防ぐためには、身体の衛生維持のために効果的なものを、十分な量で備えておかなければなりません。


【アレがあるじゃないか】
え、またなにか大量に備蓄しなければならないの?お金もスペースも足りないよ・・・と、お嘆きの皆様、ご心配無用です。

UDLだけでなく平時からいろいろと利用方法があり、場所を取らないけれどたっぷり使えて、しかもかなり安上がりという衛生用備品、あります。

そんなものを、このシリーズでは主に4つ提案したいと思います。それはまた次回、というのもアレですから、ひとつはここで。
Powder
シッカロール、ベビーパウダー、天花粉(この呼び名は古いかw)です。

特に夏場には、ベタつきとあせもなど湿疹を防ぐ効果が高いので、とりわけお子さん用には備えておきたいもの。

消臭効果があるものもありますから、家の防災用備品にひとつ入れておきましょう。たとえ10年放っておいても、傷みませんからw

次回は、家事をする方ならば実はもうお使いかもしれない、アレです。UDLでも、すごく使えるんです。

※タイトル脱字ありましたね修正しましたすいません。

■当記事は、カテゴリ【シリーズUDL】です。

« 【ヲタ目線地震教室23】S波はヘビのようにやってくる(#1092) | トップページ | 【ヲタ目線地震教室24】震源までの距離を一瞬ではじき出す(#1094) »

シリーズUDL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543100/62792757

この記事へのトラックバック一覧です: 【シリーズUDL25】衛生編8・身体の汗と汚れをなんとかしたい(#1093):

« 【ヲタ目線地震教室23】S波はヘビのようにやってくる(#1092) | トップページ | 【ヲタ目線地震教室24】震源までの距離を一瞬ではじき出す(#1094) »