2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 【ヲタ目線地震教室25】安心してください。できてますよ(#1096) | トップページ | 【ヲタ目線地震教室26】さあやってみよう震源推定(#1098) »

2015年12月11日 (金)

【シリーズUDL27】衛生編10・ほとんどこれだけなんです(#1097)

■UDLとはUnder Disaster Lifeの頭文字。被災生活の概念です。

今回は、UDLにおける身体の衛生維持に役立つアイテムの、3つめを紹介します。


【ほとんど唯一】
インフラ停止下のUDLでは、風呂やシャワーが使えません。そうなると、身体が洗えない以上に、気になる部分があります。髪です。

髪や頭を洗えないと、臭いやかゆみに悩まされるだけでなく、何より気分的に不快です。夏場は特に。

そんな時でも、例えばシリーズ前回記事で登場した重曹でも代用シャンプーを作ることができますが、手順がちょっと複雑な上、重曹だけで完結できずに、他にクエン酸なども必要になります。

何より、いつものように洗髪に大量の水は使えないのです。

そこで、水が無くても手軽に髪が洗えるものを探すと、これに行き着くわけです。
Shampoo
資生堂の、その名も『水のいらないシャンプー』です。

このシャンプー、防災用備品としてあちこちで薦められていますよね。他社の製品もいくつかあるにはあるのですが、ドラッグストアなどでの入手のしやすさや、おそらく同種のものの中で一番安い価格などを考えると、事実上唯一のお薦めと言えます。

その主成分は水とエチルアルコール。効能は、アルコール分でベタベタをふき取って、その他の成分で消臭、消炎効果を発揮している、というものです。


【その使用感は?】
『防災の専門家』とか『危機管理アドバイザー』とか名乗る人々も、このシャンプーの用意を薦めている人、多いです。なんたってほとんどこれしか無いんだし。

では、そんな人々の「使用感」レポートとか、見たことありますか?まず、無いですよね。大抵は使ったことがない。

実は管理人、幸か不幸かたっぷり使った経験があります。今を遡ること約15年、病気で1ヶ月ほど入院したのです。それも真夏に。

当時は今より髪もいっぱいあったしw、病院内は空調が効いているとは言っても最低限、汗かきの管理人は、すぐにベタベタです。身体は絞りタオルでなんとかなっても、髪のベタつきは取れないし、頭皮のかゆみはお手上げ。

そんな時に、少しでも効果があればいいや、というくらいの気持ちで使ってみたのが、このシャンプーなのです。

その上で、これは間違いなくお薦めできるアイテムだと言えます。水無しで髪が洗えるという理屈だけではなく、その使用感は想像を超えていたからでもあります。

最初は、正直なところ半信半疑でした。でも、このシャンプーを髪によく擦り込んで、頭皮もマッサージしてふき取るだけで、髪のベタつきと頭皮のかゆみが見事に取れたのです。

すーっとするメントールのような成分も入っていて爽快な使用感ですし、デオドラント成分が、汗くさい臭いも取り除いてくれて、残り香は普通のシャンプーのそれ。

もちろん、風呂で髪をしっかり洗うのに比べれば、さっぱり感は一歩譲ります。そして、髪の汚れやベタベタが酷い時には、それを落としきることはできないこともあります。

しかし、風呂に入れないUDLにおいては、ほとんど唯一の、救世主とも言えるアイテムと言えるでしょう。


【一家に一本?】
では、このシャンプーを一家に1本備えましょうと言うかというと、ちょっと違います。

1本じゃ足らないのです。

ここでは、インフラ停止は1ヶ月に及ぶことを想定しています。その間、家族みんなで使うとしたら。しかも、それが夏場だったら。

言うまでもなく、このシャンプーは原液を髪全体に行き渡らせなければなりませんから、普通のシャンプーに比べて多くの量を使います。髪の長い方は特に。

そんなわけで、例えば家族4人で使うとしたら、最低でも3本は用意しておきたいアイテムではあります。 この際、一人一本でも良いかもしれません。

決して、管理人は資生堂の回し者ではありませんけどw

さて、次回は身体の衛生のために役立つ、最後の4アイテム目です。


■当記事は、カテゴリ【シリーズUDL】です。

« 【ヲタ目線地震教室25】安心してください。できてますよ(#1096) | トップページ | 【ヲタ目線地震教室26】さあやってみよう震源推定(#1098) »

シリーズUDL」カテゴリの記事

コメント

水のいらないシャンプー、私は使ったことがないのですが、かゆくなったりはしないもんでしょうか?普通のシャンプーは洗い流さないと絶対にヤバいと思うのですが。。
もっとも、だからこその「水のいらない~」なんでしょうけど、肌が弱いので少し気になります。

>tntさん

この製品は、本文に記した通り水とアルコールで髪や頭皮の汚れを拭き取るのが主な効能であり、石鹸成分は含まれていません。

アルコール分はすぐに揮発しますし、爽快なメントールやかゆみ、臭い止め成分により、頭皮を快適に保ちます。

ですから、石鹸分によるかゆみなどの皮膚トラブルは起きないはずです。ただし、皮膚がアルコールに過敏な方は、かぶれなどが起こる可能性がありますから、心配な場合は少量でパッチテストをしてから使うことをお勧めします。

>tntさん

追記です。

水とアルコールが主成分ならば、自分で水とアルコールを混ぜて髪を拭けばいいじゃないかとも思えますが、そこはやはり「水と油」であり、混ざりません。

このシャンプーに限らず、化粧品の類には乳化剤、すなわち界面活性剤が添加されているので、水と油が混ざっているのです。

この界面活性剤が肌に悪影響を与えるという声もありますが、男性用女性用の別なく、ほぼすべての化粧品類に添加されているものでもあります。クリーム類などその典型です。

とりあえず、パッチテストで問題なければ、大丈夫ではないでしょうか。UDLで限定的に使い、長期使用を前提としなければ、それほど気にすることもないかと。

こんにちは。
ドライシャンプーの主成分はエタノールと重曹又はシッカロールです。
つまり自作できますね。
ドライシャンプーは意外に高いのでケチケチ防災用品としては高いですよね……

ちょっと語弊が。
重曹又はシッカロールをはたいて櫛でといでってことです。

エタノールは水で薄めて精油や化粧水などで香り付けしてもいいです。
こんな感じです。

>whokiさん

資生堂の「水のいらないシャンプー」に重曹は入っていませんよね。

本文でも触れていますが、重曹で代用シャンプーは作れますが、洗い流すのに大量の水が必要です。

重曹やシッカロールを粉のまま髪にすき込むのは、後のことを考えるとお勧めはできません。粉が落とし切れませんから。男性ならともかく、女性には特に。

さらに、重曹は弱アルカリ性ですから、弱酸性の肌に直接使用して洗い流さないでおくと、皮膚トラブルが起きる可能性があります。

諸々を考えると、資生堂の「水のいらないシャンプー」が最も手軽で安全と考えます。同種の商品では最安値ですし、どこのドラッグストアでも入手できるのも魅力です。

UDLでは、普段やらない面倒な作業だらけですから、多少コストをかけても、出来合いのものを手軽に使える、ということ自体が、大きな魅力でもあります。

>whokiさん

追記です。重曹で髪を洗うと、髪の表面の油分が取り除かれて、さっぱりはしても櫛も通らないくらいにギシギシになりますから、髪の長い方にはその点でもお勧めできません。

重曹で洗髪する場合は、トリートメント代わりのクエン酸などがセットになっていないと、現実的とは言えないのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【シリーズUDL27】衛生編10・ほとんどこれだけなんです(#1097):

« 【ヲタ目線地震教室25】安心してください。できてますよ(#1096) | トップページ | 【ヲタ目線地震教室26】さあやってみよう震源推定(#1098) »