2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 【平成28年熊本地震】これからどうなる?(#1179) | トップページ | 【平成28年熊本地震】未曾有の地震活動が続く(#1181) »

2016年4月18日 (月)

村井氏の正体がよくわかりました(#1180)

九州地方では、予断を許さない状況が続いています。

前号記事(#1179)で述べた通り、熊本県地方だけでなく、大分地方はもちろん、周辺のさらに広い範囲でも、警戒レベルを上げるべき状況かと考えます。 地震に関する情報などは、必要に応じて随時お送りして行きます。

こんな状況ではありますが、今回も敢えての、村井氏に関する記事です。今だからこそ、是非お考えください。


熊本地震が起きてわかったこと


熊本で大地震が発生する前、当ブログでは薄弱な根拠で『地震予知』ができると強弁している、村井俊治氏の手法を管理人なりに分析、批判するシリーズをお送りしていました。

その中で熊本の地震が起きたわけですが、そのせいで、ふたつのことがはっきりしました。

まず、4月15日の過去記事(#1177)で述べた通り、これだけ大規模な地震が起きたのに、これまで1年以上に渡って九州地方での地震を事実上全く無警戒だったということから、理論はともかく、村井氏の『地震予知』は、全く役に立たないものである、ということがはっきりしました。

村井氏に好意的な方には、「一回ハズれたからと言って否定はできない」とか言われそうですが、それはこれまでも述べた通り、これまで『予知』情報の90%をコンスタントにハズし、メディアと結託して実績を粉飾し、そして歴史的な巨大地震活動でさえ全く察知できないものに、存在価値は皆無です。

最初からそんなことはわかっていたのです。ただ、この大地震活動が、村井氏の“インチキ”を浮き彫りにしたのです。科学のフリをした、中身の無い『予知ごっこ』を信じてカネを払うくらいなら、当たるも八卦、当たらぬも八卦と自ら言っている占いをしてもらう方が、よほど健全というものです。


敢えての人物批判を


もうひとつは、村井氏という人物について。

これまでの批判記事は、あくまで村井氏の『地震予知』手法が“インチキ”であるという、言わば技術論であり、村井氏個人の人物批判などはしていませんでした。

しかし、熊本地震の後にツイートされた村井氏個人のコメントを見るに、考えを変えることにしました。

「私の情報を命を守るために役立ててもらいたい」などと言っていた人物が、そんなものは完全に口だけで、人が何人死のうが関係ない、自分のことにしか興味の無い老人である、ということが良くわかりました。

熊本地震以降の、村井氏のツイートを敢えて掲載します。
Mt1

Mt2

Mt3

大災害の真っ只中で、平然と自己弁護に終始するツイートをする人物の評価は、読者の皆様にお任せします。


ただ、少し注釈させていただきます。#1177号記事で述べた通り、テレビ出演、週刊誌記事など公の場では、2015年から九州全域がノーマークでした。

しかし、2016年1月の『週刊P』記事及びメルマガでは、九州南部が『警戒ゾーン』に復活していたと。もちろん、合理的な説明などありません。

それ以前にも、「顕著な沈降現象」とかは、もちろん電子基準点のノイズなのですが、それがなぜ地震の前兆かという理論を、村井氏は一切説明しないのです(できないでしょうが)

その一方で、1月発売週刊誌に記載したことが、今年3月6日のテレビ出演時には全く言及されていないのです。
下画像の通り、九州はノーマークです。
Murai2
そんな二枚舌を平然とできる人物であり、『警戒ゾーン』など、所詮は下手な鉄砲の乱射に過ぎないから、細かいことはどうでも良いのでしょう。

熊本でも、当然あのTV番組が観られているわけです。あれを観て、九州は大丈夫なんだな、と思った人々が確実に被災していて、犠牲になっているかもしれないというのに。


語るに落ちたようです


さらに、決定的な問題があります。上記3番目のツイートで、(電子基準点の)城南に、地震直前に『異常変動』が出ていたと言っていますが、国土地理院が公開した、3月1日から地震発生後の4月16日までの、城南のデータをご覧ください。
Jyonan
ご覧のように、3月1日以降、4月14日の地震発生までに、何の『異常変動』もありません。正しくは、ノイズによるデータ誤差の1回も発生していないのです。

これは、ハズした言い訳のための完全なウソと断定してもよろしいかと。


ホトボリ冷ましか


今年に入り、村井氏の会社(“機構”とか名乗っていますが、民間企業に過ぎません)とNTTドコモとの提携が発表された後、危機感を持たれた心ある方々からの批判の声が、一気に大きくなりました。

その後のメルマガでは、おそらく新たな批判を呼ばないためでしょう。新たな『警戒ゾーン』の指定はしていないばかりか、北海道の一部や九州南部など、一見“すぐに地震が起きそうも無い”エリアが、その理由も示されずに削除されたのです。

うがって見れば、あまりに「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」と言われるので、さりげなく下手な鉄砲の弾数(=警戒ゾーン)を減らしに出て、ホトボリを冷まそうとしているようにしか見えません。

ツイートでは、そのことを言い訳しているわけです。あくまで自分は『予知』していたが、一斉変動が無いとかなんとか、自分にしかわからない理屈をつけて。その文面からは、歴史的大地震を察知できず、多くの犠牲が出てしまったことなど、社交辞令以上に気にかける様子も見て取れません。

村井氏的には、人が死のうと生活が破壊されようと、単に評判を取りそこなっただけの“痛恨のミス”なのでしょうね。

しかも、言うに事欠いて「反省」していると。自分の理論が現実と異なっていることが証明された時に、「反省」するという科学者って何なのでしょうか?


その程度の人物であるということ


実は、地震以降にもうひとつツイートがあります。今日、4月18日のツイートです。
Mt4

曲がりなりにも『地震予知』をする者が、巨大地震を全く警報することができず、多数の犠牲者が出て、まだ行方不明者もいて、何十万人もの被災者がまだ苦しみの端緒にいる時に、自分の趣味のシリーズツイートを平然と流し、そのタイトルが

【楽しく生きる】

ということが気にならない、とち狂った人物ということです。これは最早、理詰めの批判は本人には何のダメージも無いことを示しています。こういうツイートを今やることが、どれだけ人を傷つけ、怒りを買うかということも理解できない、“別次元”へ行ってしまわれた方のようですから。

『世界的権威』と言われた方が、晩節を汚す。しかも、本人はそれに気づいてもいない。哀れなものです。


異論反論は多いでしょうが


この記事を、村井氏信者や好意的に見ている方が読まれたら、腹が立つでしょうね。

意見の根拠は示しながらも、管理人の個人的印象のバイアスがかかった意見を、ほとんど一方的に言い放ってますから。自分の信じる、好きなものに対してそれをやられたら、腹が立って当たり前です。

「根拠を示せ」、「情報ソースはどこか?」、「それは誤りだ」とか、いろいろ言いたくなる。そこまで言い放つ根拠を説明しろと。

でも、これは村井氏の手法そのものだということです。

合理的批判は無視し、自説の根拠も示さず、過去の実績も一切公表せず、ただ自説をたれ流している。

しかも、自分が関わった世界で人が何人死のうが苦しもうが、それを救うためにどれだけの人が命を賭けようが、財を投じようが、なんの感情も持つこともない。そんな人間は、地震云々以前に、社会から退場していただきたい。

管理人の感覚は、間違っていますか?ただ、強い怒りを感じているのです。

『信者』に何を言っても無駄かもしれませんが、合理的な考え方をされて、被災者を想うごく普通の感覚をお持ちの皆様、このような人物を退場させることを、お考えいただく時かと思います。


ちなみに、管理人は当記事に対する合理的な異論、反論ご意見は無視せず歓迎しますが、感情的、脅迫的なコメントや誹謗中傷の類、一方的な意見の開陳などは一切無視し、削除させていただきます。

不公平ですか?いえ、ここは私のブログですからwww

■当記事は、カテゴリ『日記・コラム』です。


« 【平成28年熊本地震】これからどうなる?(#1179) | トップページ | 【平成28年熊本地震】未曾有の地震活動が続く(#1181) »

エセ科学・オカルト排除」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。相変わらずの切れ味、恐れ入ります。


ネットで知り合い友人となった方が熊本の方で、いまもひどい目に遭ってるようです。すこし震源からはズレているので大丈夫とのことですが、被災地近辺は混乱の極みとのこと。先が見えない不安でいっぱいかと思うのですが、陛下のお言葉にもあった「心を寄せる」というのを念頭に生活できればと思います。

テレビも新聞も雑誌も見ないので村井さんという人はてばさんの記事でしか知らないのですが、twitterの投稿を見た限りではホント卑しい。「心を寄せる」という姿勢からは対極に位置する物言いで不愉快ですね。
震災に限らず、ちょっとしたトラブルに横から口突っ込んで来たかと思ったら「反省してます」と言いつつ我田引水を図るような奴は、そばにいたらぶん殴ってるかもしれません。

それなりの年齢だと思いますので自分の研究を「無意味でした」と撤回するのは相当の勇気が要ることだとは思います。それでもやっぱり消えてもらわないと困る種類の人であることには変わりありません。


ここはてばさんの庭ですから好きにやっちゃってくださいw

あまり連続して書き込むつもりはなかったんですが。

他の人には見えないものまで見えるようになりましたか。
もう意図的な詐欺行為か空想虚言症かの二択しか考えられません。

このじいさん(名前も書きたくない)の最大の問題点は情報発信力が非常に強いことだったんですが、さすがにもう講演とかには呼ばれないと信じたいですね。

根本的には、未知でいつくるか分からないものに対する畏れを人々が受け入れない限り、何度でも現れるものだと思います。
宗教っぽいんですもん。この手の話題。
信仰心を否定しているのではありません。科学っぽく見せているのが問題です。そして、それが人々の耳目を集める話題ですから尚更。

本当に生き残りたいと思う人は、わかっていると思います。
問題はいつ天災が来るかではなく、いつ来てもいいように覚悟しておくことだと。
覚悟とは、備えと想像です。
そういう点で、これからも陰ながら応援しています。

>tntさん

ご無沙汰しております。でも、いつもご覧いただいていると思って、頑張っておりますw

以前から感じてはいたのですが、こういう人間は良くも悪くも理屈優先で、人のためになるよりも自分の理屈が通ることに喜びを感じるタイプですね。

大多数の科学者の方には大変申し訳ない偏見かもしれませんが、科学者の中には時々見られるタイプかと。まあそれはそれで、本業が優れていれば問題は無いのですが、なんせ完全にエセ科学ですからね。

これも偏見かもですが、名誉教授ってのにいるタイプでもありますね。要はもう最前線を離れ、周りに止める人も検証する人もおらず、過去の実績と肩書きで持ち上げられて、好き勝手やれる立場ということで。

でも、このツイートで、いろんな意味で完全に破綻していることがはっきりわかりました。もう、理詰めで批判するのは無意味です。後で記事にしますが、新ネタでもそれがはっきりわかります。かなり「恍惚の人」に近いんじゃないですかねw

それにしても、未だ収束が見えない熊本や大分の方々が大変です。村井と地震ですっかり止まってしまった【シリーズUDL】は、今まさに「心を寄せる」というテーマなのです。早く再開せねば。

私も民放はほとんど見ないので、村井はyoutubeでしか見たことありませんwでも、屁理屈はあちこちから収集しております。あんな奴の動く姿なんか見たくありませんwww

今後ともよろしくお願いします。

>暇人様

なんどもお手を煩わせて申し訳ありません。

でも、お気持ちは良く理解しておるつもりですし、私も同じ気持ちだと申し上げます。もう、理性の問題ではありません。エセ科学を振り回して周囲を惑わし、私腹を肥やす輩に理詰めの批判など無意味です。

意図的な詐欺行為ならば、もっと上手くやりますよ。こんな風に反感を買うことなと絶対にしない。もう、それもわからないくらいに耄碌されているということです。

メディアを抱き込んだ情報発信力が強いからこそ、私も手間をかけて批判しているのですが、所詮は多勢に無勢でした。

でも、あのツイートは自爆ですよ。すでに批判するメディア出始めました。要は、村井叩きが数字になるという風に、潮目が変わって来たということです。

そろそろ取り巻きも逃げ出すんじゃないですか?まともな神経ならばマズいと思う状況です。私も少しスタンスを変えつつ、まだまだやります。

>通りすがり様

やはり、社会が求めるスロットに、ぴたりとはまった存在なのでしょう。震災から5年、そろそろ次か?どこだ?といような不安がある中、あらゆる情報はそれを示さない。

そこへ、「東大名誉教授」が大胆な手法で的中連発という、大変なインパクトです。本人とメディアの思惑が、見事に社会のニーズと合致したことかと。そうなるともう理屈じゃなく、おっしゃるように宗教ですよ。

ツイッターとかで批判している人は、信者からすぐに人格攻撃に晒されています。でも、データを示して理詰めでやっている人はスルー。信者には反論するだけの理論がなく、理論がある人は信者になんかならないのですw

まあ、メッキがはがれるのは時間の問題だったのですが、この熊本地震で、それが一気に噴出しました。これも天の配剤でしょうか。

私のブログは、防災を啓蒙しようなんて考えていません。備えるのは当然と考え、でも、「生き残る」ために本当に必要なのかわからない、それは何かを求めている方々に、有用な情報をお伝えするのが目的です。

当ブログの主要テーマは「Think yourself」です。それができる方々に、お役に立ちたいと思っております。応援のお言葉、心強いです。ありがとうございます。

はじめまして。村井氏に対しての批判、全くその通りだと思います。ただ、Mr.サンデー辺りなんかは普通に何事もなく呼びそうな気がしてなりません(笑)そして、南海地震が今年中に来る!と、断言する絵が想像出来るんですが・・・思い過ごしでしょうか?でも本当に大切なのはあいまいな地震予知ではなく、地震に対する備えだと思います。村井大先生のしょうもない予知を聞くより、当サイトを読む方が何百倍も有益ですね。

管理人さんこんばんは
現在二十四時間勤務で職場のローテーションを回していますけど、これでもマシになった方です(笑)
ビルの四階なんですが、ずーっと揺れっぱなしで、いい加減船酔い状態。机に置いてるペットの水がひっきりなしに揺れています。
取り敢えず、今回気付いた震災時の車中泊の利点は
タイヤとサスペンションが地鳴りとその振動を吸収して、寝てる頭に響きにくい。
適度に狭くて安心感がある。

取り敢えず二点ですが、特に地鳴りが直接頭蓋骨に響かないのはとてもありがたい。たとえ震度0でも床に寝てるとかなり響くので、目が覚めてしまい、暫く眠れません。

幸い停電していないので、隣家の少し濁った井戸水を分けてもらいソーヤーで濾過して使っています。

>神部様

お褒めのお言葉をいただき、ありがとうございます。そう言っていただけるのが、管理人の何よりの励みになります。

Mr.サ○デー(あくまで伏字w)、また呼ぶと思いますよ。まだ数字が取れるコンテンツですから。ただ、今までとは違って、例えば「なぜ熊本地震は予知できなかったか」とかを語らせて、コメント陣や視聴者から叩かせるのではないかと。

それをはっきりさせなければ、今まで指示した番組のメンツが保てません。しかし、もう賞味期限が切れたと判断すれば、視聴者に叩かせて番組は高みの見物と。それが一番数字なりますから。

孤高の科学者を気取って強気の発言をする村井氏は、叩くには絶好のキャラですしねwできれば、熊本で叩いた後に、南海地震予知を言わせたい。そうすれば炎上確実でしょうし。

それがメディアのやり方ですよああ恐ろしい。というか、そうなったら面白いと思ってる人、多いでしょうね。どこかのブログ管理人も含めてwww

>二日酔いの猫@携帯様

大変な状況が続いているかと思います。外部からはただ想像するしかなく、心苦しく思います。来週から、仲間のグループが熊本に入ってお手伝いをさせていただきますが、残念ながら私は行けません。

最初の地震後から強震モニタを見ておりますが、本当に間断無く揺れているのがわかります。確かに、このところ小康状態ではありますが、活動事態はまだ収束していないようです。

警戒せよと口で言うのは簡単ですが、その現実がどれほどのものか、なかなか外部には伝わりませんね。せめて、遠方からできる支援、現実的には募金くらいですが、できるだけやらせていただきます。

私も趣味でミニバンでの車中泊をやりますし、車内には「ミニ避難所」になる装備もしています。でも連続地震でそんなメリットがあるとは。確かに、床だと大変そうです。

でも、なにしろ狭いですから、くれぐれもエコノミークラス症候群、最近はロングフライト血栓症と言うそうですが、その対策はお忘れなく。

現実的には、動かないことより、血中の水分が減って流動性が低くなることの方が問題のようです。でもトイレのことがあると、なかなか水分を摂りたくないのも理解できますが、その辺は大丈夫でしょうか。

ソーヤーをお使いとのこと、こういう時には最良の装備のひとつですね。私はスーパーデリオス3個装備です。雑用も含めて、水の心配が無いのが、何よりです。

まだ状況は流動的ではありますが、どうかご家族も含めて健康を維持されて、この状況を乗り切ってください。もしよろしければ、またコメントを頂戴できれば幸いです。

どの記事につけていただいてもかまいませんので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543100/63503409

この記事へのトラックバック一覧です: 村井氏の正体がよくわかりました(#1180):

« 【平成28年熊本地震】これからどうなる?(#1179) | トップページ | 【平成28年熊本地震】未曾有の地震活動が続く(#1181) »