2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« できもしないことが計画されていないか?(#1204) | トップページ | 【東京防災ってどうよ02】もう少し攻めないと(#1206) »

2016年6月10日 (金)

【東京防災ってどうよ01】お待たせしました始めます(#1205)

かねてから予告はしていたものの、インチキ地震予知をイジったり、熊本地震関連の記事をやっているうちに、すっかり出遅れてしまったシリーズ、始めます。

いよいよ、あの『東京防災』にツッコむ、題して【東京防災ってどうよ】です。


実はベストセラー


『東京防災』とは、東京都の全世帯に、無償で配布された防災冊子です。
Img_1227
地域によって内容に若干の差があり、ネットオークションでは、なんでも渋谷区のものが一番高値がつくそうでw確かに、渋谷駅周辺など、防災的には都内有数の危険地帯ではありますね。

その後、東京都庁や都内の主要書店で有償販売されましたが、予想以上の人気であっという間に品切れとなり、重版の予定も立たない、という状態がしばらく続きました。

埼玉県民の管理人は、その頃都庁や主要書店の在庫を探し回ったのですがどこにもなく、結局人伝てでお願いして譲ってもらい、やっと入手しました。タダじゃありませんw

現在は大量に重版されて取り扱い書店も増え、ネットショップでの取り扱いもあって、比較的簡単に手に入ります。

熊本地震の発生後は、またかなりの勢いで売れているようですが、それは、もちろん東京都以外からの需要ですから、もう決して、東京都民だけの話では無いのです。

なお、有償頒布されている版は、地域による違いが無い共通版です。


このように、防災本としては事実上、史上初のベストセラーであり、“防災本のマスターピース”のような存在になっているわけですが、じゃあ内容に文句無いかというと、これがまたいろいろアレなわけです。

もちろん、大半の内容は“きちんと使えば役に立つ”ものです。でも、それが、誰にでも本当に役に立てられるようになるか?というと、大いに疑問なんですね。

その辺り、これからシリーズでツッコんで行きます。


そして真打も登場


参考として比較対照とするのは、民間防災・防衛マニュアルとしては、究極とも言える本です。

永世中立を宣言し、国民皆兵制度を敷くスイス国民必携の『民間防衛』です。もし、より高いレベルでの自主防災を目指されるのならば、早い話が『東京防災』では満足できないあなたの参考資料として、これ以上のものはありません。
Img_1279
お値段は10倍以上しますが。

『民間防衛』は、ある意味で『東京防災』が一番比較されたくない対象でしょうね。もちろん、バックグラウンドが異なるので、一概には比べられませんが。なにしろ、ビギナーとプロフェッショナルくらいの違いです。

その違いを一言で言えば、“真剣さとノウハウが違う”のです。


■『東京防災』は、東京都防災ホームページからデジタル版が閲覧できます。また、PDF版や電子書籍版も無償で配布されています。詳しくは下記リンクからご覧ください。

東京都防災ホームページ

■当記事は、カテゴリ【『東京防災』ってどうよ】です。

« できもしないことが計画されていないか?(#1204) | トップページ | 【東京防災ってどうよ02】もう少し攻めないと(#1206) »

『東京防災』ってどうよ」カテゴリの記事

コメント

東京防災。読んでみたいと思っていました。ここでやってもらえるなんて、願ってもないありがたい話です(⌒‐⌒)
民間防衛は持っているので、これを機会に再読を…と思ったら、どこにしまったのか見当たらない! 絶対に捨てたり売ったりしてないはずなのに、引っ越しの時にどこに入れたんだあ!

宝の持ち腐れとはこのことですね💧

>ぼたもちさん

これから、かなり細々とイジって行きますよw

でも、版権やらなんやら、かなり厳しそうなので、ビジュアルはあまり引用しないつもりです。あくまで内容をぶった斬ります。

これだけの体裁で、それなりに役立つ情報もたくさんあるのに、なんでこんなに印象に残らないというか、ユルすぎるというかを、つぶさに考えます。

結局のところ、我が国の防災の根本的な問題が見え隠れしているんですわ。

民間防衛は、読み物としても最高に面白いですね。でも当然ながら、その内容のハードなことと言ったらw

なんとか探し出してくださいw真っ赤で目立つし。

以前からこのサイトを閲覧させて頂いておりますが、今回ちょっと気になることがあり、初めてコメントさせて頂きます。
「東京防災」ですが、東京都防災ホームページ(トップページ>防災ブック「東京防災」http://www.bousai.metro.tokyo.jp/1002147/
ページ内リンク先[「東京防災」報道発表(「東京防災」PDF版添付)])にて、pdf版を無料でダウンロードできます(ただし、ダウンロードは章ごとなどバラバラになっています)(別のリンク先[「東京防災」デジタル版]からはサイト上でデジタル版が閲覧できます)し、平成28年3月30日(水曜)より、複数の電子書籍サイトにて電子書籍版が無料配布されていますよ。
もしすでにご存知でしたら申し訳ありませんが、読んでみたい方への参考までに……。
ちなみに私は一応東京都民(伊豆大島在住)なので「東京防災」は配布されていますが、一世帯に一冊だけなので、予備として電子書籍版をタブレットにダウンロードしてあります。ただし、内容がいまいち物足りなくて、何度も読み返す気にはなりませんが(一応、一回は全部に目を通しましたよ(^_^;))。

>にーな様

有用な情報のご提供、ありがとうございます。

実は、私もWEB版の無償提供については知っておりました。ただ、このシリーズ記事の大きなテーマのひとつが、本としての構成ということもあり、とりあえずその情報はオミットしておりました。

でもおっしゃる通り、当ブログの記事をご覧になって、読んでみたいと思われる方もいらっしゃるでしょうから、今後は記事末尾にWEB版と電子書籍版の情報を掲載するようにします。既存記事にも、リンクなどを付け加えます。

にーな様は伊豆大島にお住まいということで、地震より火山噴火と豪雨災害が怖いですね。一冊の本ですべて十分に網羅するのは困難ではありますが、情報があるのに、お体裁程度にちょっとだけでは、かえって不満も残ります。

WEBと連動するならば、各項目ごとにWEBでさらに詳細な情報が見られるなど、「本気の」人に応えられる仕掛けも必要かと思います。

本の内容だけでは、まさに「ゆとり防災教育」でしかありませんね。

今後とも、よろしくお願い致します。また、ご意見ご感想など頂戴できましたら幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【東京防災ってどうよ01】お待たせしました始めます(#1205):

« できもしないことが計画されていないか?(#1204) | トップページ | 【東京防災ってどうよ02】もう少し攻めないと(#1206) »