2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 水害時のスニーカーとはこういうことだ(#1258) | トップページ | 【東京防災ってどうよ31】ここがダメなんだよ【27】(#1260) »

2016年9月12日 (月)

【東京防災ってどうよ30】ここがダメなんだよ【26】(#1259)

『東京防災』にツッコむシリーズ、怒涛の26回目は、英語編の6回目。 当シリーズ記事としては、もう30回目の大台なんですよ。

今回も、???な表現が・・・ そして、実は外国人にとても役に立つ情報源を紹介します。まあ、聴きたくない外国人もいそうだけどなw
Trafic


交通はいつ復旧しますか?


質問:When the transportation〔train/bus/airport〕be back in service?
(〔電車・バス・空港〕はいつ復旧しますか?

答え:You can get imformation about the transportation 〔bus,train,boat,airline,etc.〕through TV and radio .
(電車〔バス・船・飛行機〕の情報は、テレビ、ラジオでお知らせしています。

また実にまどろっこしい文章だことw

交通機関を表すのに transportation は出て来ないかと。普通は trafficやtraffic system などです。というか、普通は train や airline など個別に訊いてきますよね。

back in service というのも『復旧する』という日本語表現を無理に英訳したような感じですね。一語では restoration (レストレイション)が正しい訳語ではありますが、 馴染みのある単語では、recovery(リカバリ)がいいかなと。意味はほぼ同じですし。

構文自体も、典型的な未来形の質問文ですから、外国人ならばwill を使って来るかと。でも、この文をわかりやすく簡単にしたとも思えません。他の文はみんなこねくり回し過ぎだしw

実際には、シンプルにこんな感じに訊いて来のでは?

When will the traffic be recovery (restoration) ?


では答えの文。まず英語以前の問題として、テレビ、ラジオじゃ外国語の情報はほとんど無いわけですよ。前の文でインターネットのNHKワールド出しておきながら、なんでテレビ、ラジオなんだよw

すっかり現実的ではなくなりましたが、管理人が後で意味を与えましょうw

さておき、You can ~という表現自体は、良く使います。例えば道案内で、

Go along this way,soon you can find the police station on your left.

というように。まあそれでも良いのですが、このコーナーは、そういうことがパっと思いつかない人向けですよね。

であれば、伝えるべきは「テレビ、ラジオから情報を得よ」(できるかどうかは、とりあえず置いといてw)

Get information from TV and radio.

これで十分です。from は on でもかまいませんが、~からというニュアンスです。

例文にまたもや出てきた through なんて、こういう場合にほんと聞いたことないw 

『文法的には』正解なんでしょうけどね。


最強の情報源


日本のテレビ、ラジオでは英語情報があまり得られず、あっても文字放送などで、簡単に見られるものでもありません。

そこで、災害時の英語情報として管理人が最適と考えるというか、手軽に入手できるほとんど唯一のリアルタイム情報源がこちら。

AFN(American Forces Network)

です。管理人も含めて、ある程度のお歳の方にはw、FEN(Far East Network)という名前の方が馴染みかもですね。ちなみに、AFNに名称変更したのは1997年です。

これは在日米軍が米軍基地の軍人・軍属やその家族向けに行っているラジオ放送です。

米軍の放送ですから、情報収集力とその正確さは折り紙つきでしょう。日本のメディアみたいに変な演出やアオりは無いし。

但し、基地周辺向けなのでどこでも受信できるわけではありませんが、実際にはかなり広い範囲で受信できます。

日本国内の放送局と周波数は下記の通り。

AFN Tokyo 東京都・横田基地 AM810kHz
AFN Misawa 青森県・三沢基地 AM1575kHz
AFN Iwakuni 山口県・岩国基地 AM1575kHz
AFN Sasebo 長崎県・佐世保基地 AM1575kHz
AFN Okinawa 沖縄県・キャンプフォスター FM89.1MHz

そしてなんと、今はインターネットラジオ放送もあります。
AFN360 INTERNET RADIO

特に東京の放送は、ほぼ南関東全域でクリアに聴くことができますし、インターネットラジオが聴ければどこでも大丈夫ですね。

英語がわかる方は、災害時の情報源としてAFNの聴取をお勧めします。

というわけで、外国人に英語災害情報を求められたら、AFNを教えてあげましょう。

Listen AFN(American Forces Network) on AM (FM) radio or Internet.

ごちゃごちゃ言わないで、シンプルに。これが一番親切で、役に立つ情報でしょうね。


■当記事は、カテゴリ【『東京防災』ってどうよ】です。


« 水害時のスニーカーとはこういうことだ(#1258) | トップページ | 【東京防災ってどうよ31】ここがダメなんだよ【27】(#1260) »

『東京防災』ってどうよ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【東京防災ってどうよ30】ここがダメなんだよ【26】(#1259):

« 水害時のスニーカーとはこういうことだ(#1258) | トップページ | 【東京防災ってどうよ31】ここがダメなんだよ【27】(#1260) »