2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 【糸魚川大火】本当に起きてしまった大火災(#1302) | トップページ | 茨城県北部で震度6弱(#1304) »

2016年12月28日 (水)

“そういう時代”に生きる我ら。さよなら2016年(#1303)

2016年も、間もなく暮れようとしております。当記事を本年のラストとさせていただきます。 ただ、もし何かお伝えしたいことが出てきましたら、随時出て参りますがw


北海道では豪雪の影響が大きくなっていますが、全般的には比較的穏やかな年末年始を迎えられそうです。

でもそれはあくまで気象の話で、まだいつ何が起こるかわかりません。


思い出してください


今年も、いろいろなことが起きました。

大きな被害が出る規模の地震が2度も起き、台風、豪雨、竜巻などの被害も頻発しました。

注目を集めたので報道が増えたせいもありますが、自動車の暴走事故も急増し、一方で「誰でも良かった」というような通り魔的犯罪も、確実に増えつつあります。

海外に目を移せば紛争・戦闘が続き、無差別テロが頻発し、報道を見ても、もうあまり驚かなくなってしまったくらいです。


思い出してみてください。今年のことだけでなく、10年くらい前を。

10年前は、自然災害も事故も犯罪も世界情勢も、こんなに“荒れて”いましたか?

残念ながら、そういう時代になってしまったというのが現実です。


セルフディフェンスの時代


解析によれば、当ブログの読者様は、30代から40代の方が、全体の3分の2くらいを占めるとなっています。

社会を動かすコア層であり、いろいろ守るべきものが多い世代ですね。管理人としても、そういう方々に興味を持っていただけていることを、喜ばしく思っております。

守るべきものが多いということは、非常時に判断し、対処すべき要素が増えるということであり、それはイザという時の身軽さをスポイルします。

さらに、自身が何らかの被害で倒れたら、周りへの影響がとても大きい、ということでもあります。

だからこそ、普段から「こうなったらこうしよう、そのためにこれを用意しておこう」という『段取り』が重要になってきて、その有無が結果を明確に左右するのです。

防災だセルフディフェンスだというと大袈裟にも聞こえますが、それは特別なことではなく、仕事や生活の『段取り』をすることと何ら変わりありません。

ただ、『雨が降りそうだから傘を持っていく』ということの延長に過ぎないのです。

なにしろ、そういう心構えと行動がかつてよりはるかに求められる、はっきり言えば世の中の危険が急増しているということを、まず認識しなければなりません。

そしてこの先、さらに危険が増えて行くことは間違いありません。

私たちは、そういう時代に生きています。


年末恒例です


なんだか脅しみたいな内容だけで今年を終えるのもなんですので、この時期になるとアクセスが増える過去記事をリンクします。

年末年始のアクティビティにおける、セルフディフェンスの方法をまとめてあります。 2012年12月の記事です。

【年末年始の災害対策 1】防水・防寒編

【年末年始の災害対策 2】忘年会・新年会編
【年末年始の災害対策 3】年末年始ライブ編
【年末年始の災害対策 4】寒冷地ドライブ編
【年末年始の災害対策 5】帰省編
【年末年始の災害対策 6・最終回】初詣編


来年のこと


管理人、以前ちょっと告知させていただいた通り、来年から生活パターンが大きく変わる予定なので、当ブログの更新頻度が落ち気味になるかと思います。

でも、まだまだお伝えしたいことは山ほどありますので、がんばって続けて行きたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。


当ブログは、2017年1月12日で、スタートからまる5年となります。

本年もご愛読いただきまして、ありがとうございました。

それでは皆様、良いお年を。


■当記事は、カテゴリ【日記・コラム】です。


« 【糸魚川大火】本当に起きてしまった大火災(#1302) | トップページ | 茨城県北部で震度6弱(#1304) »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543100/64687236

この記事へのトラックバック一覧です: “そういう時代”に生きる我ら。さよなら2016年(#1303):

« 【糸魚川大火】本当に起きてしまった大火災(#1302) | トップページ | 茨城県北部で震度6弱(#1304) »