2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 【管理人ひとりごと】あの日から22年(#1307) | トップページ | 『通電火災』対策はどこから必要か?(#1309) »

2017年1月27日 (金)

もう少しお時間ください(#1308)

ご無沙汰しております。管理人です。

このところ、記事の更新が滞ってしまって大変申し訳ありませんが、管理人は無事ですw


もう少しお待ちください


昨年中からお伝えしている通り、今年から管理人の体制が変わりまして、現在諸々の作業に追われております。

2月前半くらいまでには一段落できるかと思います。その後は、昨年までほどではなくても、一定のペースで更新して行けると考えておりますので、もう少しお時間をいただければと。

これまでにも、大雪のことなど書きたいことはいろいろ出てきていまして、書けないのはえらいストレスではありますw


これだけは覚えてください


やはり大雪についてひとこと。我慢できないw

大雪でスタックした車のニュース映像を見ていて、北海道で豪雪や地吹雪の中走り回った管理人がテレビに向かって、いつも「ああっそれじゃダメだぁー!」と叫んでしまうこと、ふたつだけ覚えてください。

ひとつめ。

スタックした車を押し出す時は、完全に脱出するまでハンドルは絶対に中立で!

埋まってしまったら、脱出の方向を自分で定めることはできません。車が向いている方向の前後どちらかしかに、ハンドル中立で押し出すしかないのです。

タイヤを曲げると抵抗が急増しますから、脱出できる状況でも、よりドツボにはまることもあります。

タイヤの前後の雪を掘ってできるだけ取り除くと、脱出できる確率が高まります。


ふたつめ。

タイヤが空転して止まってしまったら、それ以上アクセルを踏まない!

雪で空転したタイヤがグリップを取り戻すことは100%ありません。踏み込むとより深く埋まるか、摩擦熱で溶けた雪の水分が潤滑剤となってしまいます。

その場合は一旦ゆっくりとバックして、グリップする場所を探します。後進方向には、大抵グリップしますから。

埋まってしまったら、セレクターを前後に入れ替えながら細かく前後進を繰り返す、雪国用語で言う『しゃくり』をしてやると、特に後進方向へ脱出できる確率が高まります。


とにかく、雪でスタックしたら

ハンドル中立・アクセル戻し

これだけは覚えてください。


それでは、雪道でもご安全に。


■当記事は、カテゴリ【日記・コラム】です。

« 【管理人ひとりごと】あの日から22年(#1307) | トップページ | 『通電火災』対策はどこから必要か?(#1309) »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543100/64815617

この記事へのトラックバック一覧です: もう少しお時間ください(#1308):

« 【管理人ひとりごと】あの日から22年(#1307) | トップページ | 『通電火災』対策はどこから必要か?(#1309) »