2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 茨城県北部で震度6弱(#1304) | トップページ | 【ネタバレあり】ありがとう5周年(#1306) »

2017年1月 8日 (日)

【謹賀新年】2017年を始めます(#1305)

新年あけましておめでとうございます。2017年の記事をスタートいたします。本年もよろしくお願いいたします。

来る1月12日、当ブログはおがけさまで2012年のスタートからまる5年を迎えます。皆様のご愛読に感謝いたします。


激動の予感


昨年末、最後の記事をアップした途端に茨城県で震度6弱の地震が発生しました。

年明け早々には、報道が増えて目立つせいもありますが、各地で自動車の暴走事故が連続、海外ではトルコやシリアで無差別テロが起きるという、国内の天気とは裏腹に、あまり穏やかとは言えない年末年始でした。

さらに、当ブログの範疇ではないとはいえ、まもなく米国の新大統領が誕生することで、私たちの生活にも諸々の影響が出てきそうです。

近隣諸国との関係にもいろいろ変化が起きそうで、それも穏やかとは言えない方向のようです。

そんな2017年はどんな年になるのかと考えると、どうしても”今まで起きなかったことが起きる”、”今まで少なかったことが増える”年になるという気がしてなりません。

そしてそれは大抵、私たちの生活を望ましくない方向に押し曲げるバイアスとして働くような気がします。


予測できないこと


交通状況、経済状況、国際情勢などは、ある程度予測することができます。

一方で自然災害、こと地震に関しては、全く予測することができません。

広い地域にまたがる、何ヶ月ものスパンでの予知が仮に正しかったとしても、そんなものは後から「当たっていた」と自慢されるだけで、我々の命と生活を守るためには、何の役にも立ちません。

しかも、その程度の予知でさえ、当てずっぽうの確率以上に当てることができていないというのが現実。すなわち現代の我々は、現実的な地震予知の方法を未だ何も見いだせていない、ということです。

我々ができることはただひとつ。

『備えよ常に』

ということだけです。これ、管理人が小学生のころやっていた、ボーイスカウトのモットーなんですが。


新年早々アレですが


いきなり不安を煽るような話で恐縮ですが、管理人としては、そういう印象を持たざるを得ません。

今年も、当ブログとしては地震を中心とする自然災害を柱に、我々の命と生活を危機にさらすあらゆる事象への対処法を科学的に、そして先人の経験則を最大限活かしながら、現実的に考えていきます。


他人任せにはできない


しかし、すべては『○○には××する』と言い切れるほど単純なことではありません。

最大公約数的な共通項はあるものの、セルフディフェンスは、その人それぞれのオーダーメイドでなければならないのです。

すなわち、当ブログのモットーであるThink yourself、ご自分の状況に合わせて考え、アレンジすることが必須です。

まずは、「あのセンセイが言っていたから」とか、「テレビで言っていたから」という発想を捨ててください。これまで折に触れて述べて来た通り、そんなものには不良情報が山ほど含まれていて、目を惹く、恐怖を感じる情報ほど大ウソだ、というのが現実です。

あなたにとって何が必要か、何をすべきなのかを考え、決めるのはあなた自身です。

管理人は、当ブログがそんな行動のお手伝いになればと願っております。


それでは、改めまして本年もよろしくお願いいたします。

■当記事は、カテゴリ【日記・コラム】です。

« 茨城県北部で震度6弱(#1304) | トップページ | 【ネタバレあり】ありがとう5周年(#1306) »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543100/64736994

この記事へのトラックバック一覧です: 【謹賀新年】2017年を始めます(#1305):

« 茨城県北部で震度6弱(#1304) | トップページ | 【ネタバレあり】ありがとう5周年(#1306) »