2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 【インチキのレシピ】すでに完全に捏造レベル(#1314) | トップページ | あれから6回目の311を迎えて(#1316) »

2017年3月10日 (金)

【インチキのレシピ】インチキのメカニズム(#1315)

前記事(#1314)から続いて、早川の『予知』についてツッコみます。


また出たよw


早川は、『夕刊F』でこう『予知』していました。

『2月28日から3月6日までに、福島、茨城、千葉で最大震度4前後。北海道、青森、岩手で最大震度3程度、東京、神奈川では最大震度2程度、震源が陸上ならM5.0、海底ならM5.5程度

『2月28日から3月7日までに、九州でも最大震度3程度、陸上でM5.0、海底でM5.5程度のおそれ

太字部分をまず笑いましょうね。はい“いつもの奴”ですw(前記事#1314参照)

早川理論による『予知』では、地震の大半が陸上ならM5.0、海底ならM5.5前後という規模を導き出すらしいw

ちなみに、早川が言う内陸と海底のマグニチュード差はなんでだろうと思われた方も多いかと。

実際の地震では、震源が内陸直下だろうと海底だろうと、場所による規模の差など生じません。

要はこれ、陸地から離れた海底で起きた地震の場合は、内陸で起きた地震より少し規模が大きくないと、地上の揺れが内陸地震より小さくなりがちだから、なんですね。

すなわち、まず初めに例えば“地上で震度4程度”という前提があり、そのためには内陸と海底でどれくらいのマグニチュード値の地震が“必要”か、という程度の話ですね。


ブレブレじゃんw


そうでなければ、ほとんど毎回同じような『予知』結果になるはずもありません。

でも、もし早川理論では本当に毎回同程度の規模を『予知』しているのなら、地震の規模に関してはほとんど予知不可能の方法だということを自ら証明している、ということですねw

だって、結構多発しているその程度の地震さえ的中率10%程度だし、それより大規模の地震はひとつも『予知』できていないしね。

ところで。M5.0とM5.5、並べられるとなんとなく同じくらいの地震に思えるかもしれませんが、これまで何度も述べた通り、マグニチュード値が0.2上がると地震のエネルギーは約2倍。

では0.5上がるとどうなるかというと、約5.6倍と、はるかに大きな地震になるのです。そんなブレ幅の大きな『予知』しかできないということですね。

さらに、『実際の地震の規模はさらに大きくなることもある』と毎回言い訳しているのですから、「規模は全然わかりませーん!」と自ら宣言しているのと同じです。

要は、マグニチュードとか良く理解していない、わかりやすい震度に最も反応する層を、コアクラスターとしてダマくらかす商売ですかね。

法人相手から素人向けメルマガにスイッチしたのは、そういうことですねw


ここで『予知』結果を見てみましょう


記事冒頭の『予知』はどうだったでしょうか。

はい。安定の“全ハズし”ですw

該当期間中に、日本全国で震度4以上の地震は1件もなく、『予知』内容に日時、場所、規模共に該当するのは、3月6日に熊本で起きた震度3のみ。こんなにざっくりした『予知』なのにねw

てか、震度3くらいを『予知』してなんか意味あんのかよw

・・・いや、ある。もしそこで大規模地震が起きたら、「規模は違ったがその場所での地震の前兆は掴んでいた」とフカせるw

しかし熊本の震度3は、言うまでもなく熊本地震後に多発している余震であり『的中』とか言う話ではありません。

こういう検証でもしなければ、あんなインチキ予知もそのまま葬られて忘れられ、また同じような内容で更新されるだけ。

そしてたまたま当たる日が来たら、チョウチンメディアが『的中』祭りをブチ上げて、ダマされる“お客様”が量産されるという不毛な繰り返しですが、こういう商売は大げさな『宣伝』が必須ですから、これからも続くのです。

まあ、だんだんインチキも浸透して来ていますけどね。最近の『夕刊F』とかの、異様とも言える“早川先生スゴい!”的なアオりは、焦りの裏返しなんでしょうな。

飲むだけダイエット食品、水素水、地震予知・・・・ううむw


管理人のような素人の話じゃ信じられないという皆様は、こちらのブログをご覧ください。

■次々に地震を的中する早川正士名誉教授は本物か?


こういうことです


早川の“商売”は、

■地震多発地帯の広い範囲をざっくりと『予知』する
■ほとんど同じ場所を継続的に『予知』する
■『予知』する地震の規模はいつも同じくらい

という形が基本で、

■大多数のハズレは黙殺して検証もしない
■『予知』内容と重なるものは大々的に『的中』宣言する
■日時、場所、規模の多少のズレは無視して『的中』とする

というスキームで運用され、その結果が

■被害が出るレベルの地震は1件も(もちろん熊本地震も鳥取地震も)『予知』できていない
■総合的な『的中』確率は、当てずっぽうと同レベルの10%程度

という、ほとんどネ申レベルのハズし芸なんですけど、本人は「的中率7割」だってよww

こんなのが大手を振っているようじゃ、いつまで経っても防災はバカとインチキばかりって思われるよなぁ。

■当記事は、カテゴリ【エセ科学・オカルト排除】です。


« 【インチキのレシピ】すでに完全に捏造レベル(#1314) | トップページ | あれから6回目の311を迎えて(#1316) »

エセ科学・オカルト排除」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543100/64996704

この記事へのトラックバック一覧です: 【インチキのレシピ】インチキのメカニズム(#1315):

« 【インチキのレシピ】すでに完全に捏造レベル(#1314) | トップページ | あれから6回目の311を迎えて(#1316) »