2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 【管理人ひとりごと】難しい、でもそれが必要(#1318) | トップページ | 【人気記事の補足】もっと効果的に救援を要請するために(#1320) »

2017年3月29日 (水)

【那須雪崩事故】人災の側面が見え始めた(#1319)

Hyousou
典型的な表層雪崩の跡が見られる現場


2107年3月27日、栃木県那須町のスキー場で、登山訓練中の高校生グループが雪崩に巻き込まれて8人が死亡、40人がけがをするという、痛ましい事故が起きました。


雪山訓練中の惨事


現場のスキー場は今期の営業を終了しており、しかも事故現場はコース外の林の中で圧雪などの整備は行われていない場所であり、普通の雪山と同じ状態でした。

現場周辺では前日から大雪で、それまでに積もった雪の上に、新雪が20~30cm積もっている状態の中、新雪を踏み分けてルートを作りながら進む『ラッセル』訓練が行われていました。

その隊列を前方から雪崩が襲い、48人が巻き込まれたのです。


雪崩のメカニズム


この雪崩は、いわゆる『表層雪崩』と呼ばれるものです。

積もってから時間が経った雪は、雪自体の重量や気温変化によってある程度押し固められ、その表面は日射で溶かされて、摩擦力が小さくなります。

その上に新雪が大量に積もると、古くて固い雪と柔らかい新雪の境界面がはがれて、新雪だけが滑り落ちやすくなるのです。

新雪に限らず、ある程度積もった雪でも、積もる途中で少し時間が開くなど、途中に摩擦力が小さな層(『弱層』と呼ばれます)があると、その面から上の雪が滑り落ちる『表層雪崩』となることもあります。


これに対し、斜面に積もった雪が全部滑り落ちるのが『全層雪崩』です。

これは、特に春先などで雪解けが始まってから起きやすいもので、その場合には、雪解けの水が雪と地面の間に浸透して、摩擦力が低下することで起きやすくなります。


一般的には、雪解けが始まっている3月末のこの季節には、降雪地では『全層雪崩』の危険が大きくなります。

しかしこの事故の現場では、積もってから時間が経った雪の上に、真冬よりは水分が多くて重い新雪が短時間で大量に積もるという気象条件によって、『表層雪崩』が起きやすい状態になっていたものと思われます。


雪崩に遭ったらどうする?


良く、”雪崩に遭ったら水泳のバタフライのように両腕で雪面を叩く”ようにして、できるだけ雪の表面へ身体を持ち上げろ、と言われたりします。

しかし、それなどほとんど机上の空論であり、実際にそれで助かった例などほとんどありません。もしあるとしたら、ごく小規模の雪崩だったのでしょう。


まず、もし雪崩と距離があったら、雪崩と直角方向に全力で移動して、流域から外れることです。 その際、大声で叫びながら、周囲にも雪崩の危険を知らせるべきです。

そして、雪崩と直角方向に逃げながら、僅かでも高い場所や岩の裏側など、直撃を受けづらい場所を探すのです。雪崩は水の流れと同じように、低い方に流れて行くからです。

最後の段階では、大きな木の幹に裏側から抱きついて身体を保持するだけでも、巻き込まれないための効果が見込めます。


できることはこれだけ


そして、雪崩に巻き込まれることが避けられなくなったら。

そこでできることは、ふたつしかありません。ここに記すのは、雪山のプロによる指導です。

まず、とにかくもがいて、少しでも雪崩の浅い場所へ身体を持ち上げるようにすること。顔だけでも雪面に出せれば理想的ですが、しかし激しい流れに巻き込まれたら、現実にはなかなか難しいのです。

もうひとつは、これだけは絶対にしなければならないことです。

それは、口と鼻を両手で覆って、顔の前にできるだけ空間を作ること。

それにより、雪が鼻や口に詰まって窒息することを防ぎ、顔の前に空気が残る空間を作るのです。運が良ければ、そこに外から空気が流れ込んで来ることもあります。

しかし、雪崩の後には雪が締まるので、実際に雪に埋まると身体はほとんど動かせず、深く埋まれば光も見えず、自分の体制も上下さえもよくわからなくなると言います。

そんな中で、顔の前と周辺の雪に残された僅かな空気が残っているうちに助け出されるかは、運次第。運良くごく浅く埋まった時以外は、自分では何もできないのです。

理屈の上では、そんな時にパニックを起こすと呼吸が荒くなって空気を無駄遣いして、さらに胸腔が広がってさらに苦しくなるので、とにかく冷静に救助を待てとは言われます。

でも、そこで冷静でいられる人、どれだけいるのでしょうか。考えるだけで、怖ろしいことです。

今回の事故でも、雪の中から声が聞こえた場所を仲間が掘り返して、生還した人もいたそうです。

冬山登山をする人たちですから、きっと皆が正しい雪崩対処法を行ったのでしょう。そして、近くに仲間もいました。

それでも、8人もが犠牲になってしまったのです。


運をサポートするもの


一般に、雪崩に埋まって生存できるのは、空気の供給がなければ5分以内、周辺の雪の中にある程度の空気があっても15~20分と言われますが、その間に救助側がサバイバーが埋まった場所を特定することは、現実にはかなり困難です。

それを補助する最良のデバイスが、『雪崩ビーコン』でしょう。

これをパーティの各人が装備していれば、雪崩に埋まった場合でも居場所を電波で発信しますから、受信機を持った救助側は、最短時間で場所を特定できます。

我が国でも、一部の山で冬季の入山時には『雪崩ビーコン』の装備が義務づけられています。

しかし、比較的高価なこともあり、あまり普及しているとは言えないのです。

今回の事故では、スキー場内での訓練ということもあり、『雪崩ビーコン』の装備は無かったようで、被害を拡大することにつながってしまったのです。 (3月28日夜の報道で、やはり雪崩ビーコン未装備であったことが報道されました)

冬山登山でなくても、スノボなどのバックカントリーツアーでも雪崩の危険は常にありますから、『雪崩ビーコン』を装備すべきなのです。


追記・3月28日の報道から


当記事の本文は、3月28日の午前中に執筆しましたが、その晩には、ニュースで『雪崩ビーコン』は装備されていなかったことに加え、信じられないような話が出てきました。

生還した生徒の証言として、雪崩が発生した際に、引率の教員が『伏せろ!』と叫び、それに従って伏せた生徒が、そのまま雪崩に埋まったと。

雪崩の際の対処法は当記事で述べたことしかなく、伏せるなど自ら深く埋まりに行くような自殺行為に他なりません。

引率の教員は冬山登山にも十分な経験を持つベテランだったそうですが、なぜそのような指示が行われたのでしょうか。

悪天候の中でラッセル訓練を強行したこと、訓練場所の選定も含め、残念ながらこの事故には人災の側面が見えはじめて来たようです。



■当記事は、カテゴリ【日記・コラム】です。


« 【管理人ひとりごと】難しい、でもそれが必要(#1318) | トップページ | 【人気記事の補足】もっと効果的に救援を要請するために(#1320) »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543100/65079218

この記事へのトラックバック一覧です: 【那須雪崩事故】人災の側面が見え始めた(#1319):

« 【管理人ひとりごと】難しい、でもそれが必要(#1318) | トップページ | 【人気記事の補足】もっと効果的に救援を要請するために(#1320) »