2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 【リクエスト編】ガチな訓練やりゃいいってものじゃない(#1326) | トップページ | 長野県南部で震度5強(#1328) »

2017年6月21日 (水)

大分県佐伯市で震度5強(#1327)

2017年6月21日午後11時27分頃、豊後水道の深さ42kmを震源とするマグニチュード5.0の地震が発生し、大分県沿岸部の佐伯市で最大震度5強を観測しました。

この地震は、熊本地震の震源域となった一連の断層群から少し南にずれていること、震源深さが40kmと深めで、10km程度の浅い地震が主だった熊本地震とその余震とは異なることから、一連の熊本地震とは異なるメカニズムによる、すなわち熊本地震の余震ではない地震と考えられます。

続報がありましたら、随時アップして参ります。

なお、九州全域に強い地震の可能性ありとインチキ予知をしている手合いもおりますが、言うまでもなく誰も『的中』などさせていませんので、そんな大ウソつきにはくれぐれも騙されませんように。

熊本地震の影響で九州全域で地震が起きやすい状態だとか、もっともらしい理屈を言ったりしていますが、何の根拠もありません。しかし、また宣伝のための“的中祭り”が始まるのは目に見えています。

エセ学者どもが何を言いだすか、しっかりウォッチしてみましょう。連中にとっては、大規模地震は単に“メシのタネ”に過ぎないのです。

◼️追記◼️
6月22日午前1時30分から行われた、この地震に関する気象庁の会見によると、やはり熊本地震とは異なるメカニズムの地震であり、熊本地震の影響によって発生したものかどうかはわからない、との見解です。

◼️当記事は、カテゴリ【地震関連】です。

« 【リクエスト編】ガチな訓練やりゃいいってものじゃない(#1326) | トップページ | 長野県南部で震度5強(#1328) »

コメント

1週間の間に震度5が4回も。
もしこれが震度5ではすまない、例えば「阪神・淡路大震災」と「東日本大震災」みたいな地震の組み合わせだったら……

被災者どころか、政府、行政、自衛隊、インフラ関係、ボランティア、直接関わらない一般人まで、自身の生活やこの国を守る事ができるのでしょうか……

>N様

単なる偶然とは言え、またエセ科学者やエセ専門家が食いつきそうな状況ですね。

超巨大地震が複合する、それは有史以来起きてはいないようなので(超古代の地球激動期にはあったでしょうが)、まあ心配することはないでしょう。

ただ、短い期間での連鎖発生は十分にあり得ますね。南海トラフ3震源域の連鎖地震もその範疇ですし、東日本大震災にしても、東北沖の約500kmに渡る震源域が連鎖していますから、ある意味で複合地震なのです。

それよりも、例えば今般の豪雨の中で大規模地震が起きたら、という方が余程現実的です。もし起きたら、想像を絶することになりそうです。

巨大災害の前には、人間のシステムなど徒手空拳です。守る、なんて無理。できることは、いかに被害を減らして生き残り、いかに生き延び、いかに再生するか、ということのみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543100/65437424

この記事へのトラックバック一覧です: 大分県佐伯市で震度5強(#1327):

« 【リクエスト編】ガチな訓練やりゃいいってものじゃない(#1326) | トップページ | 長野県南部で震度5強(#1328) »